AKB48じゃんけん大会「W小嶋対決」負けた方は小嶋禁止へ
2015年9月16日、横浜アリーナで開催されている「第6回AKB48グループ ソロシングル争奪じゃんけん大会in横浜アリーナ ~こんなところで、運なんか使っちゃうのかと思うかもしれないが、とりあえず、勝たなきゃしょうがないだろ?~」。   過去の優勝者は、内田真由美、篠田麻里子、島崎遥香、松井珠理奈、渡辺美優紀となり、タイトル通りに、優勝者にはソロシングルリリースの権利が与えられる。   ここで注目の対戦を紹介する。   まずは一回戦で激突したW小嶋対決(小嶋陽菜vs小嶋真子)。小嶋の苗字を持つ人気メンバーの二人。次世代エースとして期待される小嶋真子に対し、AKB48オープニングメンバーである小嶋陽菜。小嶋陽菜は本戦の通算勝利が15勝となっていて本戦勝利数第1位の「じゃんけんに強い」メンバーとして知られる。   先に登場したのは小嶋真子。「私だけでは勝てないので!」と、小嶋菜月をセコンドに付け登場。そして、なぜか会場にはアンジャッシュ小嶋の姿、そしてさらに家電販売でお馴染みのKOJIMAの皆さんも応援に駆けつける小嶋づくしの状態に。   小嶋真子の「出てこいや!」の雄叫びから、小嶋陽菜が登場。ここで、小嶋陽菜が、「負けた方は1週間小嶋禁止」という変則ルールを仕掛けてくる。このじゃんけんで負けた小嶋は、AKB48の活動で小嶋を禁止となるという。ちなみに、小嶋真子が負けたらセコンドの、小嶋菜月も禁止となるという。   結果は小嶋陽菜の勝利。これで、小嶋真子と小嶋菜月が小嶋禁止となる。小嶋真子は「なっつんさんに申し訳なくて…」とコメント、1週間、真子、菜月で活動をするという。 (C)AKS