NU’EST主演映画の主題歌『Cherry』配信がスタート!
Facebook登録者数200万人突破、K-POPイケメンアイドルNU’EST(ニューイースト)初の主演映画「知らない、ふたり」の主題歌の配信がスタートした。当楽曲は11月18日発売のNU’ESTの日本ファースト・アルバムに収録される日本オリジナル楽曲『Cherry』。 美しい響きで恋の始まりを予感させるイントロから始まり、平均年齢20歳を迎えたNU’ESTがまた一歩大人に成長した“好き”を描いた秀逸のPOPチューン。9月16日より、着うた(R)、着うたフル(R)等にて楽曲配信の開始となった。 そして、同日より映画の場面写真が解禁となった。最新の写真と主題歌『Cherry』を聴きなが是非とも映画の世界に触れてみて欲しい。 NU’ESTの日本ファースト・アルバムのタイトルは『Bridge the World』。世界を翔ける彼らに相応しいタイトルとなった。当アルバムは映画主題歌『Cherry』、デビューシングル「Shalala Ring」、オリコンデイリーランキング5位・ウィークリー7位を獲得した2ndシングル『NA.NA.NA.涙』他、彼らが想いを込めた日本オリジナル楽曲が詰まった渾身のアルバムだ。 9月21日(月・祝)Zepp NambaからツアーをスタートさせるNU’EST。アルバムに収録される新曲の披露も予定しており、前回よりも更に大幅にアップグレードしたステージを是非とも体感して欲しい。 【映画情報】 NU’EST初の主演映画『知らない、ふたり』 2016年1月9日(土) 新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー ≪物語≫新世代の恋愛映画監督・今泉力哉が描く、すれ違いの群像劇 人との接点を避け生活している靴職人見習いの韓国人青年・レオンは、ある日公園のベンチに酔っぱらって寝ている女性・ソナに絡まれるが、何故か彼女のことが忘れられなかった。レオンと同じ店で働き、彼に思いを寄せる日本人女性・小風。ソナの折れた靴を修理しにきた客・サンスは小風に一目惚れをする。彼はソナの彼氏・ジウと共に日本語学校に通っていた。日本語学校の講師・加奈子は、車いすの生活をしている荒川という男と付き合っていたが、ジウは密かに加奈子に思いを寄せている。荒川が車いす生活になった事故に、レオンは少なからず関係していた―。お互いの想いを”知らない”男女が一歩踏み出したとき、物語は思わぬ方へと進み出す。 監督・脚本:今泉力哉『サッドティー』 出演:レン 青柳文子 ミンヒョン 韓英恵 JR 芹澤興人 木南晴夏 製作:日活、ソネットエンタテインメント、アリオラジャパン 制作プロダクション ジャンゴフィルム 配給 CAMDEN 日活 宣伝 CAMDEN (C)2015 NIKKATSU, So-net Entertainment, Ariola Japan