山猿 プラチナチケットとなった全国ツアーが福島で完結!
2014年10月にLGMonkeesを解散し、直後から「山猿」としてアーティスト活動を再開させたばかりの山猿。2015年2回目の全国ツアー「あいことばは生猿です。ツアー2015~夏の陣~」が12都市12公演を巡って地元福島での公演でファイナルを迎えSOLD OUTプレミア公演になった郡山市民文化ホールを大いに盛り上げた。 公演開始前からぎっしりと会場を埋め尽くした超満員のファンたちから「山猿」コールが響き渡り、オープニングSEが流れると会場が一気にペンライトで色鮮やかに彩られ、オープニングにふさわしい1曲目はNARUTO~ナルト~疾風伝 オープニング曲に大抜擢の『風』。ボルテージマックスでライブはスタートした。 今回のツアーは新たなチャレンジとしてバンド形態を取り入れてのライブ!2曲目に続く『正直者はバカをみる!』もアップテンポのロックナンバー! 更にツアーファイナルということで、ダンサーも4人体制のステージングの華やかさと力強さに会場中が拳を突き上げた。 そして山猿の歌声に包まれ会場はどんどん山猿ワールドに引き込まれ、配信100万DLを突破した名曲『3090~愛のうた~』は今回初披露のリミックスバージョン。アゲアゲなムードと相反する歌詞の世界観に会場は一気に涙で包まれた。 アンコールでは未発表の新曲『180°』を披露。山猿得意のメロディーセンスとセツナイ歌詞が合いまった最高傑作のミディアムバラードを力強く甘い歌声で会場を一つに包みこんで、夢の一夜は完結した。 終演後に客電が消え、映像にで「緊急告知」として来年2月17日にアルバム『あいことば3』のリリースを発表! 最後の最後のサプライズに会場は嬉しい悲鳴が響き渡った。勢いにのる山猿の更なる活躍に注目が集まる。