がんばれ!Victory 初ワンマンライブ「代打の神様」大盛況!
9月2日に2ndシングル『ラリラリラ』をリリースしたがんばれ!Victoryが9月12日TSUTAYA O-WESTでメジャーデビュー後初のワンマンライブ「がんばれ!Victory LIVE 四回の表 「晩夏の首位攻防最終戦!代打の神様見参!?」を開催した。 超満員となったフロアには開場中メンバーセレクトのBGMが流れ、Led ZeppelinやNirvanaなど選曲で開演前から「平成オールドロック」を掲げるがんばれ!Vicoryならではの演出がなされた。 「STARTING MEMBER」を発表するオープニング映像が流れると、メンバーが1名ずつ登場。ステージが暗転するとメジャーデビューシングル『全力!スタート』でライブがスタート。続けて『ふらいはい!!!』『I Go Everday』とライブ定番曲を続けて披露し、会場の熱気は一気に上昇。 オープングMCではメンバー紹介とともにベースしのぶより「本日はご来場頂きありがとうございます!皆さんまだまだ盛り上がって行けますか?」と会場を沸かせた。 その後、未発表曲の『ラストサマー』、NHK Eテレ アニメ「ベイビーステップ」のED曲である『夢のつづき』、『偽物スマイル』とミドルテンポの楽曲で観客を聴き入らせると、「普段イベントなどでは披露しているのですが、今日はワンマンという事でアコースティックバージョンでお届けしたいと思います!」とアコースティックスタイルで『Never Give Up』『U』の2曲を披露。 会場にサイレンが鳴り響き、「ボーカルあやきに変わりまして代打れな」とのアナウンスがなされると、公演タイトルである『代打の神様』をギターれなが務める事に。 ボーカルあやきが不在の中、れながギターボーカルと務め『はじめてのチュウ』を披露。会場を暖めると、満を持してボーカルあやきが再度ステージへ。 ニューシングル『ラリラリラ』のイントロではサインボールを会場に投げるファンサービスを行うと、一気に会場のボルテージは最高潮に。続けて『DEAR』『青春ライフポップ』本編最後には『三三七拍子』で幕を閉じた。 アンコールではメンバーがステージ上に登場。メンバー一人一人が今回のワンマンについて話をすると、『また明日』を披露。がんばれ!Victory最大のライブ曲『KGSD』でアンコールも終了。それでも冷めやらず、ダブルアンコールに突入。それに応え再登場すると「持ち曲はないです!」とリーダーれなから話があるとオーディエンスの要望に応え『ラリラリラ』を再度プレイし、フィナーレを迎えた。 がんばれ!Victoryは10月11日(日)地元・佐賀にて凱旋ワンマンライブを開催する。