蘭華 新人単独では異例の銀座山野楽器でリリイベ
美しく透明感溢れる歌声で幅広い世代から注目され、7月にエイベックスから待望のメジャーデビューを果たした癒し系シンガーソングライター蘭華が、12日新人単独では異例となる銀座山野楽器本店でのデビュー記念インストアイベントを行った。 歩行者天国で沢山の人々が行き交うなか、集まったファン200人を前に、「銀座の一等地で、こんなに沢山の皆さんの前で歌わさせて頂けることを嬉しく思います」と挨拶。メジャーデビュー曲の「ねがいうた」、よしもとばなな原作映画「海のふた」主題歌「はじまり色」を始め、二胡のたおやかな生演奏による「草原情歌」や「蘇州夜曲」、昨年発売したシングル「花時」など、二回のステージで計10曲を熱唱。銀座の街に、蘭華の透明感溢れる澄み切った歌声が響き渡った。 「長い時間が掛かってここまでたどり着きました。銀座のど真ん中でライブが出来る日が来るとは思いませんでした。支えてくれた皆さまに感謝です」 銀座山野楽器では、成城コルティ店、東久留米店、たまプラーザテラス店、新浦安店等でのインストアライブや、全国29店舗で展開する「がんばれROOKIES」でのプッシュアーティスト選出など、発売当初より力強い店頭展開を実施している。 デビュー曲『ねがいうた』は、新世代の歌謡ポップスとして高い評価を受け、有線お問い合わせランキングTOP10に、(J-POP)と(歌謡・演歌)両ジャンルでWチャートインする快挙を達成!オリコン週間CDシングルランキング“演歌・歌謡”でも初登場19位にランクイン。多くのメディアでも、推薦曲やテーマソングに選ばれるなど快進撃が続く。