三浦大知 記録更新!“TOKIO HOT 100 CHART”で1位獲得し「最高の気分」
9/2に最新アルバム『FEVER』をリリースし、オリコン週間アルバムチャートにおいて自身最高の3位を記録した三浦大知。アルバムのリード曲でもある収録曲『SING OUT LOUD』が、クリス・ペプラーがナビゲーターを務める最新9/13付のJ-WAVE“TOKIO HOT 100 CHART”にて1位を記録し話題を呼んでいる。 同チャートは、都内主要CDショップでのセールスに加え、J-WAVE全番組での楽曲オンエア数などにより構成されており、今“東京”で注目を集める楽曲が、洋楽、邦楽問わずチャートを賑わせている。そんな同チャートにて、三浦大知は前作アルバム『The Entertainer』に収録されていた『I’m On Fire』が2位を記録するなど、リリース毎に楽曲がチャートインしていたが、今回、記録更新の1位を獲得した。 番組生放送では、チャート1位を受けた三浦大知 本人からも “率直にすごく嬉しいです!いつかはこのチャートで自分の楽曲を1位にしたかったので、最高の気分です。僕の楽曲をリスナーの皆さんが聴いて下さり、日常が少しでも充実してくれたら幸せです。今後も皆さんに愛してもらえる楽曲を作っていけるよう頑張ります!”とコメントを寄せた。 現在、同アルバムを引っ下げた最新全国ツアー「DAICHI MIURA LIVE TOUR 2015 “FEVER”」を開催中の三浦大知。彼の生み出す楽曲、そしてライヴに今後も注目だ!