Jin-Machine「夏の魔物」に降臨!第二の故郷青森で大暴れ
9月30日にニュー・マキシ・シングル『ゴリラ』をリリースする仙台在住のヴィジュアル系バンドJin-Machineが、9月12日に青森県最大のロックフェス「夏の魔物」に出演。Jin-Machineにとっても「ヴィジュアル系」縛りでないロックフェスへの出演は初、またMC担当featuring16が青春時代を過ごした想い出の街「青森」で開催のロックフェスへの出演を、当日集まった沢山の観衆も熱い歓声で応えバンドを後押しした。 ロックバンド、アイドル、プロレス、文化人…とジャンルの枠を超えて多彩な顔ぶれがそろうフェス「夏の魔物」において、ヴィジュアル系のバンドはJin-Machineが唯一の出演者。会場では唯一の屋根付きステージである「道場ステージ」に登場。 ラフィンノーズやギターウルフ等も出演する同じステージで、Jin-Machineのパフォーマンスがスタート。演奏1曲で本編終了!?の演出がなされる中、アンコールとして『ゴリラ』を含むパフォーマンスを実施。『マグロに賭けた男たち』では、青森ねぶた祭りと同じ“らっせーらー、らっせーらー”の掛け声と観衆の頭上をマグロ(大間の?)のぬいぐるみが飛び交う中、ブラックDPGのメンバーも乱入。『全力でふざけて、全力で伝える』のバンドテーマ通り、激しく楽しく笑いいっぱいの演奏をステージ上で繰り広げたJin-Machineは、ファンたちの興奮冷めやらぬままステージを後にした。 featuring16は「初めてのフェス参加で、楽屋やら雰囲気やら肌で感じた食堂ミサ(ライヴ)であった。テレビで見た事のある人々との関わりも刺激的であった。これを、次のリリース『ゴリラ』に大いなる力として繋げて行くのだ!ウホ。」と力強く語った。 なお、Jin-Machineはドワンゴジェーピーにてリード曲『ゴリラ』の先行配信を9月15日よりスタートする事を発表。さらに1月から連続ソールドアウトにて開催している「12カ月連続ワンマン 48都道府県 おげれつ戦国ハナクソ相撲」も9月開催岡山公演がソールドアウト間近。新曲『ゴリラ』を引っ提げ、ツアーファイナルの新宿ReNY公演まで突っ走るJin-Machineに注目だ。