原幹恵 セクシーボンテージ衣装にドキドキ
グラビアのみならず女優としても活躍中の原幹恵が、33枚目のDVD『恋の季節』発売を記念したイベントが、13日にソフマップアミューズメント館で行われた。 撮影は5月に沖縄で行われたのだが、このDVD撮影が2年ぶりだったそうで、久々の沖縄をしっかり楽しんで撮影に挑んだという。今回は大人を意識したシーンが多いいそうで、田舎に帰ってきた男の子と近所に住むお姉さんのという設定で、その男にイタズラをしてしまう内容になっている。その中でもお気に入りのシーンは「着物を着ているシーンなんですけど、この着物が大人っぽくてセクシーなんですよ。この撮影の時が夕方だったので、夕陽が見れてすごくキレイなシーンになっています」と話した。 セクシーなシーンについても聞いてみると、これまでに着たことの無いセクシーなボンテージ衣装を着用。「こうゆう衣装が初めてだったので、衣装合わせの時からドキドキしたんですけど、撮影の時もガラスの上に乗って下からのアングルで撮ったりと初めての試みでしたけど、新鮮で楽しかったです」と語った。 タイトルが『恋の季節』ということで、自身の恋の季節は来ているのか聞かれると「28歳なので、もうそろそろいいんじゃないかというお声も頂くんですけど、事務所が厳しいのでバレたら怒られると思うので、気を付けたいと思います」とやんわりと否定した。 これまで色々なシチュエーションのDVDを撮影している原だが、次に撮るとしたらどのようなDVDを撮りたいかの問いには「やり尽くした感があるんですけど、動物が出てくるような作品をやりたいですね。猫とか犬を彼氏と思って接するみたいのをやってみたいです」と意外な内容に集まった報道陣を驚かせた。