NMB48 13thシングル共通曲初披露!センターは薮下柊
11日、NMB48劇場にて(TeamB Ⅱ 逆上がり 公演) 10月7日に発売される NMB48 13thシングル『Must be now』のジャケット写真、全7タイプを初公開した。 そして、『Must be now』共通曲『片想いよりも思い出を...』を初披露ミュージックビデオも併せて、初解禁した。     共通曲メンバー(16名) 薮下柊(センター)(16) 白間美瑠(17)/矢倉楓子(18)/渋谷凪咲(19)/須藤凜々花(18)/吉田朱里(19)上西恵(19)/藤江れいな(21)/谷川愛梨(19)/村瀬紗英(18)/小谷里歩(21)太田夢莉(15)/内木志(18)/市川美織(21)/植村梓(16)/門脇佳奈子(18)   昨日に、初お披露目した『Must be now』は、スペシャルなダンスミュージックに仕上がっており まさに魂のこもった渾身の楽曲であり、NMB48の新しい一面を披露した。   そして本日、初お披露目した『片想いよりも思い出を...』では、王道のアイドル路線をNMB48の次世代を担うメンバーを中心に薮下柊をセンターに披露した。 『片想いよりも思い出を...』は、好きな気持ちを打ち明けずに“片想い”のまま後悔するよりも、好きな気持ちを伝えて、叶わなくても、その気持ちを伝えられたことを“思い出”として選択することを表現しており、NMB48が、10月9日に結成5周年を迎えて、さらに上のステージで活躍していくために現状に満足せずに、挑戦し続けていくグループであり、まさしく今、新たな1歩を踏み出していく姿と重ね合う部分がある。   【薮下柊コメント】 「みなさん、ありがとうございます。今まで自分が中心となる曲があまりなかったので、シングルにこの曲が入るわけですから、本当に、最高に、嬉しかったです。リクエストアワーのときとかに、私のファンの方が、投票してくださる曲でオリジナル曲がなかったので、この曲をお墓場まで持っていくぐらい、一生の宝物にしたいと思います。」