野水伊織&茅原実里「劇場版デート・ア・ライブ」舞台挨拶
8月22日(土)より公開中の、「劇場版デート・ア・ライブ 万由里ジャッジメント」。大ヒットを記念した舞台挨拶が角川シネマ新宿にて9月6日(日)に開催された。 登壇したのは、人気ヒロインを演じる野水伊織(四糸乃役)、茅原実里(誘宵美九役)の2名。共にテレビシリーズから出演している二人は、完成した劇場版を観た感想や、演じてみて改めて感じたこと、新キャラクターである万由里に対する思いなどを語った。 また、音楽面でも劇場版を彩る2人。野水は、sweet ARMSのメンバーとして歌唱している主題歌『Invisible Date』について、茅原は人気アイドルという劇中設定の誘宵美九として歌唱している挿入歌『GO☆サマーガール』について、楽曲に対する思いや歌ってみた感想を述べた。その後、舞台挨拶では恒例となった原作の橘先生からのメッセージを読み、最後に会場に訪れたファンへ野水と茅原が感謝の気持ちを送り、舞台挨拶は終了した。 sweet ARMSが歌う主題歌『Invisible Date』は現在、好評発売中。茅原が誘宵美九として歌う挿入歌『GO☆サマーガール』は、10月14日(水)発売予定の「劇場版デート・ア・ライブ 万由里ジャッジメントOriginal Soundtrack」に収録される。 その他、「劇場版デート・ア・ライブ 万由里ジャッジメントOriginal Soundtrack」にはTVシリーズに引き続き音楽を手掛ける坂部剛による劇伴音楽や、sweet ARMSのメンバーでもある味里が初めてソロで歌唱した、PS Vita専用ソフト「デート・ア・ライブTwin Edition凜緒リンカーネイション」エンディングテーマ『Not Forget』も収録されることが明らかになった。 劇場版と合わせて是非チェックしてみよう。 (C)2015 橘公司・つなこ/KADOKAWA/「劇場版デート・ア・ライブ」製作委員会