「NARUTO」新ED曲に久留米在住ガールズバンド“KANIKAPILA”が決定
久留米在住・幼馴染7人組ガールズバンドKANIKAPILA(カニカピラ)が、10月からのテレビアニメ「NARUTO-ナルト- 疾風伝」の新エンディング主題歌を担当することが決定した。 新曲のタイトルは『トラブルメイカー』。久留米で結成された平均年齢15歳の現役女子高生バンドらしく「友情」と「あきらめない心」をテーマに、7人中5人が代わる代わるボーカルをとる歌の力が合わさり、マイナーロックでクールかつポップな疾走感のあるアニメのイメージにぴったりな楽曲となっている。 同曲が使用されるのは10月1日(木)の放送回から。KANIKAPILAにとって今回が初のTVアニメ主題歌タイアップとなる。また早速、このKANIKAPILAの新曲「トラブルメイカー」が10月28日にリリースされることも決定。通常盤(CD)とミュージックビデオが収録される初回生産限定盤(CD+DVD)の他に、NARUTOファン垂涎ものの“NARUTOオリジナル絵柄”のジャケットとなる完全生産限定盤(CD)のリリースも発表され期待が高まっている。 また現在KANIJKAPILAは、音楽都市・博多から世界に発信する月に1度のマンスリーライブ「KANIKAPILA HAKATA BASE」を開催中。次回開催は、9月12日(土)九州ビジュアルアーツB館の地下2階「エスペランサホール」にてvol.4を開催。 どんどん新しい表現力を身につけて成長していく彼女達から今後も目が離せない。 (C)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ