SCANDAL RINA涙の真相は?映画最新トレイラー公開
9カ国41公演のワールドツアーを大成功におさめ、いまや日本のトップをひた走る“ガールズバンド日本代表”SCANDAL。 来週9月9日リリースとなる「ダンス×ロック」を融合したガールズロックアンセムの待望の新曲「Sisters」がリリースされるが、10月17日(土)よりユナイテッド・シネマほか全国の映画館にて封切となる、映画「SCANDAL “Documentary film「HELLO WORLD」”」の最新トレーラーが届いた。 ワールドツアーから世界8カ国10公演に完全密着し、海外での活躍の模様やメンバーの素顔が収められたドキュメンタリー作品となっている。また、最新トレーラーの公開に合わせ、彼女達の成長を見守り続けているROCKIN’ON JAPAN編集長・小栁大輔氏もこのドキュメント映画の感想を寄せた。 僕はSCANDALが大好きだ。なぜかというと、自分たちの振る舞いやイメージにどこまでも責任を取ろうとしている、とても気持ちのいい4人だからである。弱音を吐かない――どころか、弱っている姿すら匂わせもしない。しかも、その振る舞いの影にある何かが精一杯の「頑張り」としてバレてしまうのではなく、あくまでナチュラルにその姿勢が保たれているのもすごいことだと思う。このドキュメンタリーフィルムの中で、4人は何度も何度も「楽しい!」と叫ぶ。SCANDALほど、「楽しい!」に貪欲なバンドはいない。そして、この姿勢こそが、4人をして「SCANDALのプロ」でいさせ続ける最大の秘訣なのだろうとも思う。だが、ファンはきっと知っているだろう。この「楽しい!」こそが、4人の心を支える魔法のような言葉なのだ、ということを。このドキュメンタリーフィルムは、こちらが目を隠してしまいたくなるほど赤裸々に4人の姿をとらえていく。どんなシビアなやり取りにおいても、4人は4人だけでしっかりとやり抜いてみせる。話し合い、目を合わせ、全員がお互いのことを、話し合いが行われる前よりもずっと深く分かり合えるまで、しっかりと争い抜いてみせる。このやり取りこそが4人を、「SCANDAL」にしてきたのだろう、と僕は思っている。そして、そんなシビアなやり取りを重ねたあと、また新たな国の地面を踏みしめた4人はやはり4人でまっすぐにこう叫んでみせるのである。 「めっちゃ楽しい!」と。4人は4人のやり方で強く明るくいようとすることで――もっと言うなら、そういう4人でいようと決めることで、ここまでSCANDALを守ってきたのだ。それを実直にやり抜いてきた4人は、だからこんなにカッコよくなれた。4人は集まった瞬間から今のようにカッコよかったわけじゃない。SCANDALはちゃんと自分たちの足で、日本を周り、世界の大地を踏みしめ、一歩一歩進んでいくことで、ちゃんとカッコよくなっていったのだ。このフィルムはそんな4人が今また、ちゃんと「SCANDAL」になっていく過程を包み隠さず見せる素敵なドキュメンタリー作品である。「SCANDALの裏側」には、いつも「楽しい!」と叫びながら、不器用に進んでいく4人の足跡が刻まれている。そんな赤裸々な姿を堂々を見せてしまう気持ちのいい4人組、SCANDAL。だから、僕はSCANDALのことが大好きなのである。(※一部抜粋コメント) こちらの全文は映画オフィシャルサイトで公開されており、映画公開への期待が高まるコメントとなっている。また、本日公開されたトレーラーには、笑顔の4人のほかにRINA(Dr.&Vo.)が涙をみせるシーンもあり、普段見せない彼女の涙の真相は!?と映画の内容がさらに気になる場面もおさめられている。 そして劇場限定でリリースとなる主題歌「ちいさなほのお」も初解禁されているので、是非公開を心待ちにトレーラーをチェックしよう。 さらには、9月9日リリースとなる新曲『Sisters』のCD購入者&配信購入者のなかから、それぞれ30名(CD購入者)と5名(配信購入者)が10月上旬都内某所で開催される映画 「SCANDAL “Documentary film「HELLO WORLD」”」がどこよりも早く観られる先行試写会に招待されることも決まっている。新曲『Sisters』を聴きながら、映画の公開を楽しみに待とう!