DOG inThePWO ニューシングルのスポット映像解禁
今年2月に3rdフルアルバム『パラドッグス』を発表し、春のホールツアーを第1弾、夏のライブハウスツアーを第2弾として、ロングタームでアルバムツアーを展開中のDOG inTheパラレルワールドオーケストラ。 9月9日にはニューシングル『メテオライト』のリリースを控えているが、シングルとしては約10ヶ月ぶりとなる本作のスポット映像が本日解禁された。 英語で“隕石”の意味を持つ作品タイトルから、飛行船や航空艇といったキーワードを導き出したという彼ら。そのモチーフはミュージックビデオにも引き継がれ、スポット映像でもメンバーが船内で浮遊していたりと、DOG inTheパラレルワールドオーケストラらしいファンタジーな世界観を漂わせている。 反面、スチームパンク風のハードな衣装は、従来のソフトなバンドイメージを大きく裏切るもの。7月に行われたサンリオピューロランドとのコラボイベント“わんリオピューロランド”でアーティスト写真を初公開した際にも、ファンに驚喜の悲鳴をあげさせていたが、これもアルバム後の1枚目で新たなチャレンジを果たしたいという5人の意気込みの表れに他ならない。 さらにオフィシャルHPで公開されているジャケット写真では、新ビジュアルや燃え盛る隕石が存分にフィーチャーされ、肝心の楽曲も隕石というワードが彷彿させるスピード感にあふれている。 アルバムに本シングルを加えて、9~10月にはアルバムツアーの第3弾となる秋の東名阪ワンマンも決定。オフィシャルモバイルサイト“DOGマニア”限定ということで、それぞれ黒服限定、制服限定、女装限定と銘打たれており、1日限りの趣向を凝らしたビジュアルで楽しませてくれるというのだから、その旺盛なサービス精神には頭が下がる。 そして11月23日には、アルバム『パラドッグス』ツアーのグランドファイナル“Tokyo Doggy’s Land -2015-”を舞浜アンフィシアターで開催。 同会場でのワンマンは1年ぶりとなるが、2015年で一番の大舞台に向けて5人はすでに意欲満々だ。半円形の特殊なステージ機構を昨年以上に使いこなし、多彩なツアーを経てグレードアップしたパフォーマンスが披露されることは間違いナシ。空から猛スピードで降り注ぐメテオライトのように、音楽シーンに対するDOGの型破りな攻撃は、さらに威力を増してゆく。 ☆DOG inTheパラレルワールドオーケストラ ※究極V系ニュースはクリック!