松井玲奈がいないSKE48はどうなるのか?
SKE48から松井玲奈が卒業をした…どのメンバーにも、当然ながら卒業の日は来る。 だから特別、松井玲奈の卒業に驚くことはないのだがやはり現実として考えると「SKE48は今後大丈夫なのか?」と考えてしまう。 それもそのはずで、松井玲奈といえばSKE48の象徴であり、SKE48の大黒柱。松井珠理奈とともに彼女が現在のSKE48を作り上げてきた。一時期、松井珠理奈がAKB48のメンバーとして活躍をし始めた頃、同じくAKB48の選抜に選出されながらもSKE48という「城」をしっかりと守り、東京で奮闘していた珠理奈の心の拠り所にもなっていた程の存在だ。 だからこそ、松井玲奈の卒業は、前田敦子の卒業よりも、大島優子の卒業よりも、高橋みなみの卒業よりも、インパクトが強く思えてしまう。「SKE48はどうなってしまうのか?」と…。 しかし、豊田スタジアムでの「松井玲奈・SKE48 卒業公演コンサート in 豊田スタジアム ~2588DAYS~」を見て、そんな心配も吹き飛ぶほどの勢いを感じた。 まずは若手の躍進。今回のコンサートで見られた北川綾巴の自信に満ち溢れている顔は、これからのSKE48を引っ張っていく決意が生まれたように見えた。『12月のカンガルー』にて宮前杏実とともにセンターに抜擢、期待されている若手で構成されたてんとうむChu!にも参加と常にSKE48の若手メンバーの中では最前線のポジションを任されてきた。そのプレッシャーからか、なかなか自分を出せない場面も多かったが、ここ最近の北川綾巴は確実に進化をしている。 また、古畑奈和も存在感を見せた。グッと妖艶な雰囲気が上がり、ダンスにも色気を感じる。体育会系のイメージが強いSKE48の中でも非常に特別な存在になっている。 高柳明音、柴田阿弥の安定感も素晴らしく、そこに宮澤佐江がしっかりと全体をサポートしてくれる。バランスが非常に良く、連帯感はAKB48以上に感じる。 そして、やはり圧巻は松井珠理奈。ダイナミックなダンスは目を引き、無邪気な彼女の言動もしっかりとファンの心を掴んでいる。「玲奈卒業後」もSKE48を導いていってくれるだろう。今回のコンサートでも、常に前へ向かう視線を珠理奈から感じた。彼女が玲奈の分もしっかりと大黒柱として活躍していくだろう。 大きな局面を迎えるSKE48。年末へ向け様々なイベントも控える中で、新たな、そして進化したSKE48を早く見たい。(C)AKS 【AKBグループその他の記事はクリック】AKB48楽曲ラインナップは【クリック】