絶叫と熱狂が止まらない!Split BoB主催「夜遊びプレゼンス-AFTER VISION Vol.3-」
東海地区を代表するガールズバンドとして頭角を現し続けている、愛知県は岡崎市をベースに活動中のSplit BoB。 彼女たちが、6月よりShibuya eggmanを舞台に4ヶ月連続で「夜遊びプレゼンス-AFTER VISION」を開催中。そのVol.3が、8月23日(日)に行われた。出演したのは、Split BoB/BAND-MAID(R)/Caramel/ガールズロックバンド革命/THE LEAPS/mimic.の計6バンド。白熱した当日の模様を、ここにレポートする。 THE LEAPS ド頭からロックンロールビートが爆発、乾杯がてら最初に叩きつけたのが『ビールのもうぜ!』だ。場内の観客たちも気勢を上げ、ご機嫌な演奏に身を預け騒いでゆく。もう最高の幕開けじゃない。さすが、パーティ姉ちゃんたちらしい始まりだ。 猛々しいビートが炸裂。『Rolling Thunder』に合わせ、観客たちがタオル振りまわし大騒ぎ。楽しむのに、理屈なんか捨てちまえ!! まさに、そんな気分だ。 「まだまだブチ上がっていけるよね!!」。歌謡メロも印象的、激しくうねる演奏が感情を高ぶらせた『KEEP OUT』。重厚な音の渦の中へ心地好く溺れた『フラストレーション』。 ライブも終盤戦へ。気分をウキウキ上げてゆくパーティナンバーの『ファンタスティック RADIO』が飛び出した。誰もがノリノリな演奏に身を預け、身体を揺らしていた。 最後にTHE LEAPSは、駄目押しとばかりに『Let’s get together』をぶち込み、場内にご機嫌なロックンロールパーティの場を作りあげていった。 mimic. ロックンロールな演奏が暴発炸裂。でも、歌はとてもキャッチー。なんてガーリーロックしているんだ。mimic.の『カーチェイス』に触れていると、歌詞の通り「もっとちょーだい」という気持ちになるのも納得だ。間奏では熱いコール&レスポンスも登場。いいね、無条件に気持ちを熱くさせてゆく、この一体化した空気が。演奏は、さらにワイルドさを増しだした。猛々しい勢いで駆ける『WILD FANCIES』の上で、ポップでキュートな歌が、触れた人の胸をキュンキュン高ぶらせた。ホント気持ちいいんだよ、このポップにロックしてゆく歌と演奏が。 「一緒にパーティしようぜ、よろしく」。会場中の人たちがタオル振りまわし、『PARTY MUSIC』に飛び乗りステップ踏みながら騒ぎだせば、『POWER OF POP』では、甘い甘い歌で胸をズキュンズキュンと射抜いてゆく。最後は、激しく駆け続けるパンキッシュな演奏に、誰もが飛び乗りはしゃぎ続けた『KISS ME BABY』だ。サビでは,ねっとりメロウな歌に観客たちが掛け合いしてゆく場面も。  終始ご機嫌なガーリーロックをブーストし続けたmimic.。この楽しさ、病み付きになりそうだ。 ガールズロックバンド革命 東京でのライブ本数を重ねるたび確実に支持を広げている、大阪出身全員19歳のガールズロックバンド革命。冒頭を飾った『MOMENT』から、テンション高いワイルドでパンキッシュな演奏が高鳴り出した。なんて感情の揺れの激しい歌なんだ。何も隠さない剥き出しな姿勢に、気持ちが思いきりグッと引き込まれてゆく。魂が嬉しく震えるって、こういう感覚だ。続く『ORDEAL』でも、すっ裸な歌と演奏に武者震い立つ気持ちが止まらない。全力で感情をぶつける姿勢だからこそ、強く強くその姿に惹かれてゆく。 ワイルドな演奏の中からコケティッシュな歌の表情も垣間見れた、シンガロングナンバーの『Sparkling Smile』。気持ちの内側から沸き立つ熱いエナジーを感じ続けた『ランナーチェイス』。騒がずにいれない、高ぶる感情を放熱しないと壊れそうだ!! 触れたとたん、嬉しい総毛立つ感覚与えてくれた『声』。この歌に触れるだけでもガールズロックバンド革命を見れた喜びを覚えるくらいの名曲だ。その叫び、会場にいた人たちの胸にしっかり「届き、響いていた」はずだ。 Caramel 「届かない想い 月夜に零れた 愛しさと痛みを抱きしめた 忘れないよ」。始まりのこのフレーズを聞くたびに、胸がキュッと疼きだす。最近は『月下のナミダ』を頭に、ジワジワと場内の熱気を上げていくのがCaramelのスタイル。歌声に滲ませた感情が高まるのにシンクロし、観客たちの気持ちも一緒に沸き立ってゆく。その感覚が、たまんないくらいにイカせてくれるんだ。 「君が好きだよ」。フリーキーでポップな『ラブストーリー』に触れ、自然と場内中から沸き上がった叫声。なかなかタイトルの決まらない『新曲』では、凛々しく激しく攻めゆく演奏を通し、場内に熱いエールと無数の拳を突き上げさせていた。 終盤は、こちらもお馴染み『恋愛少女 2』と『恋愛少女』の連続攻撃だ。フリーキーな『恋愛少女 2』を通し観客たちと熱狂命懸けの祭り風景を描き出せば、『恋愛少女』でも止まぬ興奮一体化した環境を導き出し、場内をヒートアップさせ続けていた。相変わらずトキメキとセンセーションを与えてくれる(若干1名)中二病バンド!?のCaramelだ。 BAND-MAID(R) 「お給仕始めます」。1曲目を飾ったのが、凛々しくも挑発的に激しい歌と演奏を突き付けた『Don’t apply the breake』だ。唸る轟音が、観客たちの感情の枷を一気に外した。「くだらない常識なんて」熱狂するのに無意味なこと。BAND-MAID(R)のライブは騒いでナンボじゃないか!! 「ようこそ、お給仕へ」とお馴染みの挨拶に続いて流れたのが、爆走するロックンロールビートに乗せ、ツインヴォーカルが妖しく絡んでゆく『Beauty and Beast』だ。駆け続ける激熱な演奏の上で可愛さと豪快さ2つの声が混じり合い、観客たちを煽り続けていた。 演奏は、一気に重低音を轟かせ出した。ワイルド&ビー(ス)トな『Don’t let me down』が魂に熱い熱いエナジーを注ぎ込んでゆく。騒がずにいれない!? そんなの当たり前!! すでに場内は、ダイブする観客も出るくらいラウド&メタルな宴の場に変貌中だ。 ヘヴィなギターリフの攻撃に魂が高揚したワイルド&ハードロックンロールな『Shake that』。最後に振り下ろした『Real Exstance』まで、脳天直撃ヘヴィ&ショックな楽曲のシャワーに、絶頂な気持ちのまま濡れっぱなしだった!! Split BoB Split BoBのライブは四つ打ちビートの効いたダンサブルでエキセントリックな『マヤカシ少女』から幕を開けた。身体を弾ませるディスコビートに身を預けた観客たちが、一斉に大声張り上げ、熱狂に溺れてゆく。なんてフリーキーでマジカルなダンスロックナンバーなんだ。心地好い熱狂抱きながら、喧騒は膨れだした。クール&ワイルドに、でも凛々しさを抱いて楽曲は駆けだした。『ジャッジメントチーパー』の演奏中にはダイブする観客も。ヤバいくらいに場内の熱気は高まっていた。 『GOOD SUNDAY!!』は高校生の頃に作ったサマーソング。最近のSplit BoBのスタイルから考えたら、驚くほど青春ポップしている。でも、いろんな経験を重ね、今の重厚さを導き出したと考えたら、こういう表情に出会えたのも嬉しいこと。むしろ、今もこういう青春ナンバーを作って欲しい。 ハードエッジなギター音が高鳴り出した。とても勇壮な、スケールあふれる『BE READY』だ。気持ち揺れるままに放たれる歌が、触れた人たちの心も熱く揺らしていく。 強く強く、荒ぶる感情のままに歌い演奏した『スターになれない』に触れ、会場中の人たちが絶叫と熱い手拍子を舞台上へ送り、彼女たちと一緒に高みへ高みへと気持ちを昇天させてゆく。いや、Split BoBの演奏が、一緒に絶頂へ連れ出したと言ったほうが正解だ。これが最後!? 高ぶった感情は、もっともっと欲求の声を上げている。 止まぬ声援に呼び入れられ、ふたたびメンバーが舞台に。最後の最後に演奏したのが、『Parallel World』だ。弾みだした演奏に飛び乗り、誰もがその場で無邪気に跳ねだした。汗ほとばしるこの楽しさを身体へ、心へ記憶するように、誰もが無邪気に騒いでいった。 イベントの回数を重ねるごとに動員が増えているのも、Split BoBや出演バンドたちが童心に戻れる無邪気な音楽の遊び場を提供してくれるから。改めてその想いを、彼女のたちの演奏に触れながら感じていた。 「夜遊びプレゼンス-AFTER VISIONVol.4」 次回の「夜遊びプレゼンス-AFTER VISION Vol.4」は、9月23日(祝)にShibuya eggmanにて開催。出演は、Split BoB/オズ/絶叫する60度 with 6% is MINE/ANARCHY STONE/MOSHIMO/HEAD SPEAKER/Caramelの7バンド。さらに、11月8日(日)には、Shibuya eggmanでSplit BoBのワンマンも決定している。 PHOTO: 星川歩美、ヨアン・クロションTEXT: 長澤智典