乃木坂46 新曲タイトルは「今、話したい誰かがいる」神宮で初披露
乃木坂46が10月28日に発売する13thシングルのタイトルが『今、話したい誰かがいる』となることが発表された。 明治神宮野球場で開催された「乃木坂46 真夏の全国ツアー2015」アンコールにて初披露された。 ピアノのイントロが印象的な爽やかな青春ソングとなっている。西野七瀬は初披露で間違えてしまったことを謝ったが、ファンからは温かい声援が送られた。この楽曲は映画、「心が叫びたがっているんだ。」主題歌。 ダブルセンターを務める白石麻衣は「私達の新曲『今、話したい誰かがいる』は、ピアノから入るイントロやサビに向かってメロディが元気になる所など、乃木坂46らしい楽曲に仕上がったと思います。そして、ストーリーが読み取れるリアルな歌詞が、映画「心が叫びたがっているんだ。」とまさにリンクしていると感じました。映画とともに大ヒットを目指します!」とコメント。 西野七瀬は「冒頭の歌詞にある「一人でいるのが、一番楽だった」というフレーズが自分やまいやん(白石麻衣)と重ねあわせ、共通する部分だと感じました。とにかく乃木坂46らしい楽曲になったと思います。映画「心が叫びたがっているんだ。」と共に、たくさんの人に聞いてもらえると嬉しいです!」とコメントを寄せている。 【乃木坂46その他の写真記事はクリック】