チームしゃちほこ ずぶ濡れサプライズ!「しゃちサマ2015」
9月30日『いいじゃないか』、10月28日『ええじゃないか』と2ヶ月連続で5曲入りEPをリリースする名古屋発スターダスト芸能3部所属の女子高校生アイドル6人組チームしゃちほこ。 そんな彼女たちが8月28日、彼女たちが地元愛知県の蒲郡市ラグーナビーチにて、初となる大型野外ステージで「しゃちサマ2015」を実施した。 メンバー6人のうち5人が高校3年生ということで、サブタイトルに「JK最後の夏休み」と銘打たれた今年の「しゃちサマ」。過去に何度もしゃちほこのライブにVTR出演してきた竹内力の姿が今回もVTRに映し出されると、『ういろう・ザ・チャンピオン』というヘヴィメタル調の未発表曲を歌い会場を沸かすと、そのままメンバーの名前を叫びステージに6人を呼び込む。 6人がステージに揃うと、大歓声の中、秋本帆華による掛け声でアップテンポな『乙女受験戦争』で幕を上げると、そのまま『アイドンケア』、『トリプルセブン』を連続で披露。「これがしゃちほこのライブだ」と言わんばかりの攻めのセットリストで序盤から畳み掛ける。 伊藤千由李が「こんにちゆー!」と恒例の挨拶をして6人が自己紹介を終えると、坂本遥奈が「これから皆さんに踊って頂くわけですが、ウォーミングアップは必要ですね!というわけでみんなで一緒にラジオ体操をしましょう!」とステージにメ~テレ(名古屋テレビ)のキャラクター「ウルフィ」、そしてアニメ「ウサビッチ」に登場すると「プーチン」と「キレネンコ」を招き入れ『チームしゃちほこの野菜生活体操』で会場に集まった5000人のファンと一緒に体操を行った。 この曲が終わると続いてのゲスト「しまじろう」が現れ『じりじり夏活委員会 feat.しまじろう』で一緒にダンス! しまじろうもキレのある踊りを披露してくれた。 9月30日にリリースされるEP(ミニアルバム)『いいじゃないか』に収録される『ちぐはぐ・ランナーズ・ハイ』をスタンドマイク片手にクールに決めると、このEPに収録されるファンクなリズムで遊び心満載な『NIGI2 WONDERLAND』、そして全ての働く人々を讃え、背中を押してくれる骨太ロックナンバー『BASYAUMA ROCK』を初披露。 続くコーナーでは6人のソロメドレーを挟むと制服姿に衣装替えをしてindigo la End / ゲスの極み乙女。の川谷絵音が手掛けた『シャンプーハット』を歌い上げる。 結成当時は制服衣装だった事からメンバーは「あの頃を思い出す!」と懐かしみ、「当時立っていたステージと同じぐらいの大きさ」という客席後方に用意されたサブステージに移動し、チームしゃちほこにとって始まりの歌である『恋人はスナイパー』、『ごぶれい!しゃちほこでらックス』を披露。 『ごぶれい!しゃちほこでらックス』では巨大な水柱が何度も空高く飛ぶ演出で会場を盛り上げ、最後の決めポーズの「はぁー」で、メンバー全員が頭から水を被るサプライズ演出でずぶ濡れになった6人は口々に文句を言いながらステージを後にした。 再び衣装をTシャツに着替えて「勝手にハイブリッド」で再登場すると、RIP SLYMEのカバー曲『JOINT』で会場中がタオルを大きく回し会場のテンションはさらにヒートアップ! 一瞬雨が降るも「雨が降ったって気にしない!」と安藤ゆずが叫び『抱きしめてアンセム』を歌うと5000人とステージの6人が踊り乱れた。 そして『よろしく人類』ではステージ下手に用意されたリフターに6人が乗り込み、『よろしく人類』のアニメーションビデオに登場する七福神の宝船(この曲が収録されているファーストアルバム『ひまつぶし』のジャケットにも登場)のごとく空高く上がり5000人を見渡しながら熱唱した。 ステージに戻ると会場の中央に用意されたキャンプファイヤーに火が灯され、6人はそれぞれ「しゃちサマ」の感想を述べた。 坂本遥奈 「みんなが小さい子みたいにニコニコしながら観てくれていて、本当に幸せでした! 5人はJK最後の夏の思い出になれたかな?私はまだ1年あるから楽しみたいと思います!笑 ファンのみなさんがステージに上がるくらいの気持ちで思いっきり踊ってくれて、最高の夏の思い出になりました!」 咲良菜緒 「平日なのに愛知県の端っこまできてくれてありがとうございます! 実はこれが17歳最後のライブなんです。花の17歳が終わって、JKブランドも終わって、でも劣化とか言わないでね!笑 来年は休日にここでやりたい! 青いペンライトでとなりに海があって…、私は海より広い青が見たい。夏待ってろよー!」 伊藤千由李 「今日わたしのソロ曲を期待して全員集まったと思うんです。だけど楽しみはもっと後に置いといた方がいいじゃん?ソロ曲、期待して待っててください!みんな笑顔でライブができて楽しかったです!」 安藤ゆず 「「チームしゃちほこ」っていう本があるとします。その時、このペンライトに囲まれた画を表紙にしたい!そのくらいキレイ!この本、あと何ページ残ってるかな? まだ真っ白なページいっぱい残ってるよ!そして、私は高校を卒業してもツインテールは卒業しません!」 大黒柚姫 「去年のしゃちサマは武道館で、「みんなと違って何もできない」って泣いたけど、その頃に比べてポジティブになったよ!あとポンコツって言われるようになったかな。ポンコツって言われるようになったけど、何もないよりいいって思えるようになったよ。笑 高校を卒業しても、子供っぽさ、衣装の派手なのところ、全力なところは変わらず負けないようにがんばっていくので、これからもよろしくお願いします!」 秋本帆華 「高校3年間、毎年しゃちサマをやってきました。しゃちサマは自分の殻を脱ぐ場所、成長させてくれる場所なんです!JK最後の夏をこんな綺麗な長めのステージに立てて、本当に幸せです。JKのしゃちサマは終わっちゃうけど、毎年夏は「そうだ、しゃちサマへ行こう!」って思ってもらえるようにこれからもがんばります! しゃちサマだけじゃなく、しゃちオータム、しゃちウィンター、しゃちスプリングも全部楽しみましょうね!」 6人が感謝を述べると秋本が「次歌う曲は、歌詞にとても思いが詰まってるの。今から歌う曲を目で、耳で、心で聴いてください。しゃちサマ2015、最後の歌です」と、『いいじゃないか』に収録されるバラード曲『夢の途中』を熱唱。感動的な空間に包まれる中、「以上、小っちゃくたって名古屋嬢!チームしゃちほこでした!」と、大きな花火が打ちあがる中ステージを後にした。 この「しゃちサマ2015」は11月18日にDVD/Blu-rayで発売される事が早くも決定。また9月30日より『約東海3県ホールツアー』と銘打たれたホールツアーを行う事が決定している。 ☆チームしゃちほこ買うなら断然ドワンゴジェイピー!