松井玲奈 SKE48卒業公演コンサート幕開け「最後までお祭り騒ぎしますよー!」
「松井玲奈・SKE48 卒業公演コンサート in 豊田スタジアム ~2588DAYS~」の1日目の公演が、8 月29 日(土)に、豊田スタジアムにて行われた。 17 時過ぎ、“松井玲奈の卒業の送り出し”と“これからのSKE48 の船出”を意味した「船」をモチーフにしたメインステージのセットに松井玲奈が登場。「今日は待ちに待った豊田スタジアムのコンサート、最後までお祭り騒ぎしますよー!」と会場に掛け声をかけると、正規メンバー全51 名がステージに現れ『パレオはエメラルド』で、SKE48 単独としては約1年半振りのコンサートが幕を開けた。 『チョコの奴隷』『1!2!3!4! ヨロシク!』『青空片想い』など、SKE48 の代表的なシングル曲を次々と披露。オープニングから会場を熱く盛り上げた。 『花火は終わらない』では、「最近、炎上してないから…」と花火に火をつけようとした松村香織に、他のメンバーがバケツで水をかける演出に会場からは大きな笑いが起こりました。次の『不器用太陽』では一転、浴衣姿で登場した矢方美紀のアコースティックギターの演奏にのせて、宮澤佐江や高柳明音など8 人のメンバーがしっとりと歌い上げた。 11 曲目の『毒リンゴを食べさせて』では玲奈と研究生15 名がステージに立ち、SKE48 加入後の初公演(チームS1st『PARTY がはじまるよ』公演)と同じポジションとなる一番端の位置で歌唱。当時の姿を彷彿とさせた。 コンサート中盤では好きな押しメンを携帯電話で撮影できる“撮影OK タイム”を実施。須田亜香里と柴田阿弥が「みなさん、メンバーみんなを可愛く撮ってくださいね」と会場に声をかけると、研究生含む全メンバー71 名がアリーナ・スタンドと観客の近くで『アイシテラブル!』『アンテナ』『ディスコ保健室』『マンゴーNo.2』『ごめんね、SUMMER』全5 曲を披露。SKE48 として初の試みとなった“撮影OK タイム”に会場の盛り上がりは更にヒートアップした。 その後、今年2 月に行われた舞台『AKB49 恋愛禁止条例 SKE48 バージョン』の楽曲『夜の教科書』を古畑奈和、北川綾巴、宮前杏実など出演メンバー17 名が歌唱。『恋よりもドリーム』では須田亜香里・松村香織・谷真理佳が生着替えを行い、須田が猫、松村がキャバ嬢、谷がSM 嬢に変身。続いて、高木由麻奈が玲奈からの依頼を受けて“今日のために”作った楽曲『ブリッジ』では、松井珠理奈や斉藤真木子、石田安奈らダンスの得意なメンバー17 名が、かっこいいダンスパフォーマンスとSKE48 らしい演出で会場を盛り上げた。 終盤は再びSKE48 のヒット曲『12 月のカンガルー』『コケティッシュ渋滞中』『賛成カワイイ!』などを披露し終わると、珠理奈が「今回のコンサートで玲奈ちゃんと(一緒に歌う)最後の曲もあって、いろんな想いをかみしめながら一曲一曲、大切に歌わせていただきました。今日が終わって欲しくないと思いました。」と語った。 アンコール『神々の領域』で玲奈・珠理奈・大矢真那が登場。玲奈が「今日のコンサートを見て、(みなさんに)これからのSKE48 を応援していきたいな、と思っていただけたら私は本当に嬉しく思います。『僕は知っている』では歌詞の内容と(ステージで頑張っている)メンバーの姿が重なって一瞬ウルッとしました」と胸の内を明かた。最後は、8 月12 日に発売した最新シングル『前のめり』を披露し、1日目の幕を閉じた。(C)AKS ☆SKE48のマグレの缶詰ボイス缶♪【AKBグループその他の記事はクリック】