スキマスイッチが高校ラグビー大会テーマソングを担当
8月28日(金)スキマスイッチオフィシャルHPにて、2015年12月27日(日)から2016年1月11日(水)まで開催される 「第95回全国高校ラグビー大会」大会テーマソングをスキマスイッチが担当することが発表された。 全国高校ラグビー大会は、たったひとつの目標「聖地・花園」を目指して、全国の高校ラガーマンが日頃の厳しく苦しい練習を経て仲間とともに戦う、年に一度の真剣勝負の場。第95回となる今年も全国47都道府県・51校の出場校数に4校を記念大会枠として加えた、55校が出場する。今回の大会テーマソングの起用は、さわやかなイメージでありながら、力強い歌声、多種多様な感情表現を盛り込んだ楽曲に定評のあるスキマスイッチに白羽の矢が立った。スキマスイッチは楽曲制作のため、いち早く選手の夏の合宿地である長野県の菅平高原を訪れており、選手たちの熱き思いをどのように表現するか期待が膨らむ。楽曲は、今後、毎日放送「ちちんぷいぷい」をはじめ、試合中継、大会ハイライト番組等で使用され、選手たちの熱き戦いをバックアップする。