ゲスの極み乙女。新曲『無垢な季節』は初の夏ソング
ゲスの極み乙女。の配信 Single『無垢な季節』のリリースが8月28日(金)0時よりスタートする。 4月にリリースした「コカ・コーラ」ネームボトルキャンペーン CM ソングタイアップの 2nd single『私以外私じゃないの』、6 月にリリースした映画「ストレイヤーズ・クロニクル」主題歌の 3rd single『ロマンスがありあまる』が共に大ヒットとなり、尚もロングセールスを続けている最中のリリースだ。 ゲスの極み乙女。らしいエレガントなピアノのリフレインを主体としながら、目まぐるしく展開していく高速チューンに乗せ、誰もが感じる夏の終わりの儚さを、川谷絵音らしい詩情豊かな言葉で描き出している。 メンバーそれぞれが独自のキャラクターを持っていると同時に、卓越した技術を有するプレイヤー集団でもあるというバンドの稀有な個性が、本作からも確かに感じられることだろう。 「フジロックフェスティバル」や「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」をはじめ、今年も多数出演を果たした夏フェスでは、代表曲『キラーボール』を大胆にアレンジしてライブのハイライトとして披露するなど、彼らの音楽的探究心がますます加速し、日本の音楽シーンを塗り替え続けているゲスの極み乙女。。この配信告知のタイミングと合わせて、メンバー全員がクールな男装に身を包み、ソリッドな雰囲気が光る最新アーティスト写真も公開となった。 ゲスの極み乙女。 川谷絵音(Vo/Gt)コメント『無垢な季節』はゲスの極み乙女。にとって初の夏ソングで、ここまで季節感を意識して歌詞を書いたのは初めてだったんですが、全く違和感なく「ゲスの極み乙女。サウンド」に溶け込んだと思います。一聴するとポップですが、夏が終わっていく儚さをギリギリのアレンジで表現しています。途中のベースオンリーになる所からの展開が僕の作曲者的目線から言う一番の聴き処です。新たなゲスの極み乙女。を体感して下さい。