UVERworld 新作に“記念トラック” インディーズ時代のレア音源
今年、結成15年、メジャーデビュー10周年を迎えたUVERworldが、28作目となるニューシングル『I LOVE THE WORLD』を8月26日(水)リリースした。 この『I LOVE THE WORLD』には、“記念トラック”として、UVERworldがメジャーデビューをするきっかけとなった曲でもあり、10年以上前に自主制作レコーディングされた『CHANCE!04』が、当時のレコーディングのまま収録されている。 この曲は、後にメジャー2ndシングルとなる『CHANCE!』の原型になったもので、現在のUVERworldのライブでも演奏されることが多い初期の曲だ。 「インディーズ当時、ぜんぜん曲ができない時期があったんです。でもあきらめずに曲を作る行為だけは絶対にやめなかった。結果、この曲ができて、今に続いている」 とTAKUYA∞(Vo)が今までも語ってきたように、本作『I LOVE THE WORLD』のCD歌詞カードには、当時のエピソードに加え、メジャーデビュー10周年を経て放たれるシングルに収録された思いが綴られていることも話題となっている。 UVERworldは、年末まで約20万人を動員するツアーの最中。9月30日には、今年1月に横浜アリーナで行った12000人の男性客限定ライブ「男祭り」のブルーレイ、DVDをリリースする。 ☆UVERworldすぐに聞ける!【UVERworldニュース一覧はクリック!】