飯豊まりえ ついに朝ドラ初出演!「輝くような存在感」
雑誌「Seventeen」専属モデルとしても活躍する、注目の若手女優・飯豊まりえが、NHK連続テレビ小説「まれ」(月~土曜、前8・00)で朝ドラ初出演することが分かった。 登場するのは第23週の8月31日(月)(第133回)から最終回(9月26日(土))までで、「まれ」最終章の最後のレギュラーとなる。 ドラマではヒロイン・紺谷希(土屋太鳳)のケーキ屋に弟子入りしてくる地元・能登のケーキ大好き少女・沢沙耶 を飯豊まりえが演じ、2人で力を合わせてケーキ屋を切り盛りしていくという重要な役どころだ。 飯豊はこれまで、ゴールデン帯の地上波連続ドラマに4クール連続で出演中。 2014年7月期では、フジテレビ「あすなろ三々七拍子」で主人公・柳葉敏郎の娘役を好演し、2014年10月期では、フジテレビ「信長協奏曲」第1話に出演し、主人公・小栗旬が恋心を寄せる女子高生役を、2015年1月期の日本テレビ「学校のカイダン」では、「プラチナ8」と呼ばれる学園を牛耳るグループのひとりとして、場に応じてキャラクターをコロコロ変える変わり身の早い女子を演じ、学園ものドラマでも確かな存在感を見せていた。2015年4月期では、TBS「アルジャーノンに花束を」で主人公・山下智久の妹役を演じ、生き別れになった兄と再開し、兄の変貌ぶりに翻弄されるという難しい役柄を見事に演じきった。 NHKの高橋プロデューサーは 「輝くような存在感が素晴らしく、是非どこかで出演をお願いできればと思っていました。飯豊さんと土屋さんの若さあふれる師弟タッグにご期待ください!」 とコメントを寄せている。 飯豊は 「このタイミングで出演のお話しをいただき本当に驚きました。今まで自分とは違う性格の役を演じることが多かったのですが、この沙耶ちゃんは、自分にすごく近くて自然にお芝居にも入り込めました。 現場の雰囲気ができあがっている中、途中から入るのにも緊張したのですが太鳳さんはじめ、出演者のみなさん温かく、すぐに溶け込めました。念願のNHK連続ドラマで、「まれ」という素敵な作品に出演できて幸せです。」 とコメント。ティーンのカリスマモデルが遂に朝ドラデビュー。 ティーンだけでなく、飯豊まりえは全国のお茶の間の人気者になれるだろうか?