綾小路 翔×森山直太朗 運命の2人が時空を超えて衝撃のデビュー!
15年前に出会った2人が時空を超えて9月2日に衝撃のデビュー!その名も綾小路 翔と森山直太朗。 誕生日月が4月と同じで、5月に二人だけの合同バースデーパーティーを開くなど仲が良く、その場で綾小路が以前から温め続けていた楽曲に参加してしてほしいと意を決して打ち明け、森山直太朗が快諾。夢のようなユニットが誕生した。 そんな2人のデビューシングル『ライバルズ』は二人の今を歌った曲。 8月21日から公開されたこのMV、撮影時に綾小路が足を負傷して森山直太朗が適切な処置をして大事には至らなかったエピソードも先日ニュースで話題になるなど二人の深い絆で結ばれている様子がいたるところで観ることができる。 綾小路 翔は「直太朗とは15年程前、共にデビュー前の頃に出逢い、毎日のように遊び歩いたり、互いの活動に刺激を受けあったり、かと思えばまったく連絡取らなくなったり、ひょんなことから一緒に仕事をするようになったり、気がついたら意図せずご近所になってたり・・・そんな付かず離れずな我々の“今”を歌った曲です。平成のメンズ・デュエットソングの決定版がここに完成です。ああ、早くみんなに聴いて貰いたい。どうか、どうかご期待ください。みんなに早く届けたいぜ。エビバデ、震えて待っててくれよな!」と曲の想いを熱く語った。 また、森山直太朗は「思い返してみると出会いから15年、翔やんと初めて本気と書いてガチな音楽の仕事をするような気がします。氣志團のヤンクでロックな演奏に乗せて二人で長年培ってきたカラオケスキルの全てをあられもなく発揮しました。ロストジェネレーションが生んだ平成のタイマンソング。すべての盟友共に捧げます」と綾小路同様、熱いコメントを寄せた。 9月19日、20日に開催される氣志團万博2015公式テーマソングになっているこの曲は平成のメンズ・タイマン・デュエットソングとして後年に語り継がれていくことは間違いない。二人のデビュー曲、『ライバルズ』のMVは必見だ。