「愛と平和の伝道師」2o Love to Sweet Bulletインストアライブが盛況
8月19日(水)に1stシングル『アイノハナ』を発売した「愛と平和の伝道師」こと2o Love to Sweet Bullet。 発売日に彼女たちは、HMV record shop渋谷を舞台に「デビューシングル『アイノハナ』発売記念イベント」を行った。 詰めかけた大勢のファンたちを前に、イベントはミニライブからスタート。1曲目に持ってきたのが、1stシングル『アイノハナ』のC/Wに収録した『前向き上向きSWEET HEART!』。性急なダンスビートに乗せ、軽快に歌う彼女たち。場内からは熱いコールも飛び交っていた。 限られたスペースとはいえ、8人は目一杯身体を動かし、満面の笑顔で歌い踊ってゆく。何時しか場内からは熱い手拍子も生まれていた。まさに歌詞の一節ではないが、「これからもよろしくね」という彼女たちの気持ちが、そのままライブに反映されていた。 自己紹介を挟み披露したのが、2ndシングルとして9月30日に発売を予定している『ハロウィンのスペシャル☆ワン』。ダークホラー調のダンスナンバーに乗せ、小悪魔風の可愛い踊りやちょっとゾンビ感の出た動きも取り入れ、観客たちを魅了していった。ファンタジックさの中にホラー感も混ぜ入れた歌詞も注目だ。 「つかまえたら放さない」「俺もー!!」の掛け声と同時に始まったのが、未発表曲の『Baby Kiss』。こちらはダークホラー感を内包したEDMナンバー。終始飛び跳ね歌う様や、8人が横一列になって歌い踊る姿が魅力だ。アタック強いビート曲のように、場内ではメンバーと一緒に飛び跳ねてゆく人たちも。 「『アイノハナ』は、愛と幸せになる勇気がもてないみなさんの背中を押してゆくシングルになっています」(山広美保子)の言葉に続き、最後に、この日発売になった1stシングルの『アイノハナ』を披露。キラキラと輝き放つ華やかでダンサブルな楽曲だけに、客席のあちこちから熱いコールも飛び交ってゆく。メンバーらも思いきりステップ踏み、ハートフルなメッセージソングを満面の笑顔で届けていった。 「8月15日に終戦から70年を迎えました。まだ世界には争いの絶えない国もあります。私たちは愛と平和の伝道師としてこれから活躍していきます」(藤野志穂)と最後に彼女たちは語り、ライブの幕を閉じていった。 続いては、特典会へ。「握手会」では、横一列に並んだメンバーたちと、短い時間とはいえ「デビューおめでとう」と想いを伝える観客たちと、8人は会話を楽しんでいた。小さな子供をよく見かけたのも、2o Love to Sweet Bulletの特色か?! 「チェキ会」では、メンバーが交代しながら、各メンバーの2ショットチェキを撮影。彼女たちの「2ショットチェキ会」で、これはお馴染みの風景。メンバーとの2ショットを同じメンバーに撮影してもらえるのも、ファンには嬉しいこと。 その後も、「(サイン入り)ポスターお渡し会」「全員ショットチェキ会」を行い、この日のイベントの幕を閉じていった。 この後も、いろんなイベントへの出演も決まっていれば、定期公演も行っているように、ぜひ2o Love to Sweet Bulletと「出会って」ほしい。(PHOTO:水野晃侍/TEXT:長澤智典)