ゲームの祭典「闘会議」2大新プロジェクト始動!
2016年1月30日(土)、31日(日)に幕張メッセで開催するゲームの祭典「闘会議2016」に先駆けて、No.1ゲームプレイヤーを決めるゲーム大会「闘会議GP(グランプリ)」が全国各地で開催されることが決まった。 またニコニコ生放送でゲームの最新情報やゲーム実況番組を毎日放送する「闘会議TV(ティーヴィー)」を開始する。 「闘会議GP(グランプリ)」は、総勢40以上のゲーム大会を開催し、各ゲームのNo.1プレイヤーを決める、ゲーム大会の祭典。全大会の賞金・賞品総額は現時点で1億円を超え、一部のゲームタイトルに関しては9月から今冬にかけて地区大会を実施後、「闘会議2016」の会場で各ゲームタイトルの決勝大会が行われる。 9月13日(日)の福岡大会を皮切りにスタートし、「ニコニコ町会議 全国ツアー2015」の一部と併催するほか、全国各地のイオンモールでも開催。 また、人気ゲームタイトルだけではなく、「あっちむいてホイ」といった、誰でも気軽に参加できる大会のほか、ネット上で簡単に参加できる予選大会や、「闘会議2016」当日、予選から決勝までを行う大会も多数開催される。 「闘会議TV(ティーヴィー)」は、9月1日(火)から「闘会議2016」本番までの期間中、ニコニコ生放送でゲームの最新情報やゲーム実況番組を5ヵ月間毎日放送する、ネット最大のゲーム番組放送局。 ニコニコで活躍しているゲーム実況者や、ゲームメディアの編集長、ゲームメーカーの方など、様々な出演者が、「闘会議2016」まで継続的にゲーム情報をお届けする。 また、ユーザーは番組を視聴するだけでなく、事前応募に当選することで番組に参加することもできる。 「闘会議」は、デジタルからアナログまで古今東西のゲームが集まる、日本最大級の”ユーザー参加型”ゲームイベント。2015年1月31日、2月1日に初開催した「闘会議2015」では、会場来場者3万5,786人、ネット来場者574万6,338人を記録。ニコニコで活躍しているゲーム実況者が登場する「ゲーム実況ステージ」や、トッププレイヤーによるハイレベルな試合が見られる「ゲーム大会ステージ」など、大きな盛り上がりを見せた。 2016年1月30日(土)、31日(日)に開催する「闘会議2016」は、幕張メッセ国際展示場4~7ホールで開催した前回と比べ、会場規模を約2倍に拡大し、幕張メッセ国際展示場1~6ホールを使用して開催される。 【闘会議2016協賛社一覧(8月19日付)】特別協賛:任天堂株式会社協賛:ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社/株式会社ミクシィ/ セガグループ(株式会社セガゲームス、株式会社セガ・インタラクティブ、株式会社サミーネットワークス)/ 株式会社エイチーム/ 株式会社コーエーテクモゲームス/株式会社バンダイナムコエンターテインメント 【クリック】闘会議2015レポートは!