SKE48 松井玲奈が「アメコミ愛」を披露
今月末にSKE48を卒業する松井玲奈が「ファンタスティック・フォー」試写会イベントに登壇した。 本作品はアメコミファンの間では絶大な人気を誇り「アベンジャーズ」「XーMEN」「スパイダーマン」などの原点となる作品。日本での映画の公開は10月9日を予定しているが、その公開に先駆けて行われる試写会に松井が参加することになった。 松井といえば、鉄道やアニメ・漫画が大好きなアイドルとして有名だが、最近はアメコミにも興味を持つようになったという。そんな松井にまずアメコミが好きになった理由を聞いてみた。 「アメコミってすごく遠い存在のイメージだったんですけど、辿って行くと元々はコミックなんだということに気付きました。実は自分の好きなモノに近いジャンルということがわかったので、映画も観てみたいし、原作のコミックも読んでみたいという気持ちになりました」と話した。 松井は事前に「ファンタスティック・フォー」を観た感想を聞いてみると、意外な感想だった。 「すごく人間描写が丁寧に描かれていて、特殊能力を手に入れてしまった自分とどう向き合っていくのかを苦悩しながら考えていくのが、とても丁寧に感じました」と語った。 まだ深いマニアの域には達していないライトなアメコミファンではあるが、松井のアメコミ愛は存分に伝わったことで、何とここでアメコミファン認定証が贈られることになった。 認定書をもらった感想を聞かれると「松井玲奈はこれからアメコミファンになることを務めていきたいと思います」と堂々とアメコミファンを宣言した。 SKE48の卒業まで2週間を切り、新たな道に進む松井は、アメコミという新境地を開くことになり、今後はアメコミファンという新しいフィールドにも出てくると思うので、松井のこれからに大きな期待が持てそうだ。 【AKBグループその他の記事はクリック】AKB48楽曲ラインナップは【クリック】