AKB48 山本彩センターで朝ドラ主題歌!まゆゆ歌唱力に驚く
NHKの次期連続テレビ小説「あさが来た」(9月28日スタート)主題歌が発表され、AKB48が担当することが公表された。 ヒロイン・今井あさ役で主演する女優の波瑠、あさの姉・今井はつ役で出演する宮崎あおいも話題の朝ドラ。主題歌タイトルは『365日の紙飛行機』、山本彩がセンターを務める。 渡辺麻友、山本彩、高橋みなみ、横山由依、柏木由紀が記者会見へ出席。山本は、「AKBグループで朝ドラの主題歌は初めてという、そんな機会にセンターとなれて光栄です。舞台が大阪ということで、出身が大阪なので関西でも愛されるように頑張りたいです」と抱負を語った。 高橋みなみは、「NMB48のセンターを務めていますが、AKB48に来ると借りてきた猫というか(笑)…借りてきた猫を卒業して、自分の実力を出して下さい!」とエールを送った。 山本彩の歌唱力について渡辺麻友は「AKB48の曲とは思えない。ポテンシャル以上の歌です」と絶賛すると、高橋みなみから「みんな頑張って歌っているからね!(笑)」とツッコミが入った。 秋元康氏からは、「今回、AKB48が主題歌を歌わせて頂き、とても光栄に思っています。「あさが来た」のスタッフからドラマの内容を聞き、女性の生き方への制限が大きかった時代に、ふと「紙飛行機」という言葉を思い浮かべました。「紙飛行機」は無理に力を入れたリ、考えすぎるとうまく飛びません。だけど、上手に飛んだ時は風と友達になるかのように飛んで行きます。この物語のヒロインはきっと屈託なく、人生の空を飛んでいったのだと思います。ドラマのプロデューサーとの話の中で山本彩の成長ぶりが話題になりました。僕の中でも、「いつ山本彩をセンターにする曲を作ろうかな。いつがいいかな。」というのがずっとテーマでした。そしてドラマの内容と考えあわせて、今回が良い機会だと考えました。幅広い層の方がご覧になるドラマの主題歌として、様々な方が、様々な時にふっと口ずさんで頂けたらと、願っています」とコメントを寄せた。 シングルとしての発売はまだ発表段階にないという。 【AKBグループその他の記事はクリック】AKB48楽曲ラインナップは【クリック】