横山由依 運命の出会いに揺れる人妻を熱演!
6月に発表された『ショートショートフィルムフェスティバル&アジア』とAKB48 グループによる企画「AKB ショートショート」の制作現場より撮影報告が届いた。 今回は、8月より、あらたにクランクインしたショート作品の中から、横山由依主演となる「漁船の光」(廣瀬陽監督)。漁師のもとに嫁いだ女性が再び再会した初恋の相手と出会い、心が揺れ動く物語だ。 その初恋の相手は、現在、大河ドラマ「花燃ゆ」のメインキャストのひとりである、幕末の志士、野村靖を好演中の大野拓朗。「三匹のおっさん」や「LOVE 理論」での好演も記憶に新しい、注目の若手俳優である。撮影は愛媛県松山市と県内の島で行われ、雄大な海と山の景観に囲まれた2人が余す事なく撮影された。 その2人と、この「9つの窓」とコラボレーションしている『ショートショートフィルムフェスティバル&アジア』の実行委員長の別所哲也氏よりコメントも発表された。 更に撮影は続くが、その他の作品は追って発表される予定。 【横山由依のコメント】愛媛県の興居島にある恋人峠という場所でロケをさせていただいたのですが、この景色での撮影は何物にも変えられないと思いました。実に開放感があり、リラックスの出来る環境で撮影が出来ました。 【大野拓朗のコメント】10分というショートムービーの中にどれだけの思いが込められるか、と思いえがいて演じました。横山さんとは初めてお会いしましたが、演じるにあたり2人の関係や馴初め、裏設定などについて話しました。 【9つの窓とは】AKB48 グループメンバーとアジア最大級の国際短編映画祭ショートショート フィルムフェステバル&アジアがコラボレーションした企画「AKB Short Shorts」。そのタイトルが「9つの窓」となる。この企画は1作10 分という物語を9作品制作し、AKB48 グループメンバーが1作品ずつ主演となります。合計9作品で90分となり、2016 年早春にショートショート フィルムフェスティバル&アジアと連動した横浜みなとみらいのショートフィルム専門映画館、ブリリア ショートショート シアター』をメイン館に全国順次公開予定。作品内容はハートフル、ファンタジー、コメディ、サスペンスなど様々なストーリーと様々な監督や脚本家が集結、出演するメンバーもAKB48グループから様々な出演者となる。 (c)2015「AKB48 GROUP ShortShorots」製作委員会 【AKBグループその他の記事はクリック】AKB48楽曲ラインナップは【クリック】