トミタ栞「トミタイバン」大盛況!どぶろっかーず&Rihwa迎え
トミタ栞が主催する対バンライブイベント「トミタイバンvol.2」が、8月14日(金)に東京・shibuya duo MUSIC EXCHANGEで開催された。 2回目を迎えた今回の「トミタイバン」は、どぶろっかーずとRihwaが出演した。 トップバッターを務めたのは、お笑いコンビ「どぶろっく」が率いるバンド「どぶろっかーず」。1曲目に『○○な女』を披露し、MCではどぶろっくの森が「こんなにたくさんの人が集まるなんてトミタさんさすがですね」と嬉しそうに話した。2曲目に、今や誰もが知っている「もしかしてだけど」が始まると会場からは大きな手拍子と笑い声が沸き起こる。この日披露された全6曲は、トミタ栞とRihwaには刺激的すぎる?下ネタ満載の歌詞の曲ばかりだったがフロアの笑いを集め、盛り上げた。 続いて歓声に包まれながら登場したのは、プライベートでもトミタ栞と仲の良いRihwa。 「栞ちゃんとは何か一緒にやりたいね、とずっと話していたので1曲目はこの曲を。」と言って歌い始めたのは『約束』。丁寧に歌い上げ、会場の空気を一変させた。続いてアコギを手にし、トミタ栞と出会うきっかけとなったデビュー曲『CHANGE』が始まると自然と手拍子が沸き起こり、続けて『可愛いおねがい』が演奏され、会場のテンションが上がっていく。 MCでは、プライベートでも仲が良いRihwaとトミタ栞が、一緒に海に行ったエピソードや、トミタ栞の酒豪っぷりが伺えるエピソードが話され、会場からは笑い声が起こった。 ライブの定番曲『Bestie』では歌詞をアレンジし、どぶろっくの「もしかしてだげど」「それっておいらを誘ってるんじゃないの」のコール&レスポンスが起こる場面も。最後に代表曲『春風』を歌い、美しく力強い歌声で会場をまとめ上げた。 熱気に包まれた会場にSEが流れ始めると、この日一番の手拍子が鳴り響くなか、トミタ栞が登場し大歓声が起こる。 「トミタ栞でーす!!よろしく!!」と元気いっぱいの挨拶で始まったのは、スキマスイッチ常田真太郎が作詞した『エ・ネ・ト・カ・ネーション』。そのまま続けて披露されたのは、人気曲2ndシングル『きらきら』。 その後のMCでは「2組のおかげで最高な1日になりました!もう楽しむしかないと思ってます!」とどぶろっかーずとRihwaに感謝の気持ちを伝えた。続いてエレキギターを手にし、力強い歌声で『だめだめだ』を演奏した。 代表曲『もしもワールド』ではRihwaにつづき「本当にもしかしてだけど」と歌詞をアレンジする場面も。ライブの前半戦が終わった時点で「飛ばしすぎた~!」と叫ぶトミタ栞からはライブへの全力具合が伺える。後半戦では人気曲『大好き、さようなら』やセンチメンタル・バスの『Sunny Day Sunday』カバーなどアップテンポの曲を、小さな体をジャンプさせながら立て続けに披露した。ラストナンバー『MONSTER GIRL』で会場のテンションはマックスになり、トミタ栞の「せーのでジャンプしましょう!」との呼びかけによるジャンプで本編を締めくくった。 アンコールの手拍子と「トミタ栞!」という鳴り止まぬ声援のなか、トミタ栞が今回のイベントTシャツに着替えて再び登場。 アンコールでは、9月2日(水)に待望のリリースとなる、トミタ栞初主演テレビドラマ「るみちゃんの事象」の主題歌『17歳の歌』が初披露された。トミタ栞は、ダンサーを引き連れて、トミタが演じている役“るみちゃん”らしさたっぷりの不思議なダンスを踊りながら歌いきった。 その後、Rihwaも再登場し、トミタ栞と2人でサザンオールスターズの『波乗りジョニー』をカバーし、仲良しの2人の息のあったハーモニーを会場に響かせた。 最後に、どぶろっくの二人も再登場し、どぶろっかーず『○○な女』を4人で歌い、大盛況のなか記念撮影で「トミタイバンvol.2」は幕を閉じた。 来月9月2日(水)には待望のシングル『17歳の歌』がリリースを控えており、さらには9月27日(日)にはワンマンライブが決定しているトミタ栞。今後も目が離せない。