ViV 感謝とともに挑戦を誓った熱狂の一夜
ヴィジュアル系・シーンへと新たな風を吹き込んでいる新鋭バンドViVが、2015年8月12日(水)に渋谷TUTAYAO-WESTにてViV 1st ONE MAN TOUR FINAL「ViVLiCiOUS in TOKYO」を開催。 7月下旬よりスタートしたワンマンツアーのファイナル公演となる本公演の模様は、ニコニコ生放送でも配信され多くの人が注目していた。2年間の歩みを着実に示し、新宿ReNYへの挑戦を誓ったライブの模様をここにお伝えしよう。 碧光が会場を染め上げるなかメンバーが登場。ViVのステージは『ONE』から幕を開ける。期待に震えるオーディエンスの心をHIROHIRO(Vo)の芯の通った深みのある歌声が柔らかに溶かし、淡く煌めく空間を構築していく。かと思えば、『Scarred』が空間を真っ赤に染め上げていく感情的な展開に心が踊らされる。 猛々しくサウンドを震わせるViVにオーディエンスも激しいヘドバンで食らいつく姿には、この日の舞台へ懸ける思いが投影されているように感じた。ViVはその後も、ダンサブルなナンバー『-G-lips.』まで勢いよく攻め込んでいく。 『Sweet Dayz,Calling『MELODIES』と続けざまに演奏すると嫋やかな熱で会場内を覆い尽くした。ViVの作り出す空間には体温を感じられる。触れた瞬間、どこか懐かしく、どこか柔らかく、どこか優しく心を包み込んでくれる。近年、歌モノバンドが数多く存在する中、ViVのような人肌ある安堵感を与えられるバンドはそう多くないであろう。さらに、ヴィジュアル系の枠に囚われない自由なサウンドメイキングは初めてでも溶け込みやすく、会場内には男性や年齢を問わず多くの層がライブを楽しんでいた。 「今日はありがとうを伝えたい」――そんなHIROHIROの思いを『BELIEVE』が紡いでいくと、『SNOW』が会場をカラフルに彩り、ジャジーなサウンドに乗せモッシュを起こした『Supeoki Pain』では、各パートのソロタイムが設けられた。渉(Gt)がクラシカルかつ情熱的なギターサウンドを響かせ、さゆき(Dr)がオーディエンスを巻き込んだコミカルなドラムソロやエモーショナルなサウンドで二面性を魅せ、その勢いのままRayJi(Ba)を加えての艶やかなコンビネーションプレイで会場を沸かせた。多彩に展開されていくステージを通してViVは、この日の舞台に立てた感謝の気持ちを届けていく。 重低音に乗せモッシュ/折り畳み/拳ヘドバンのループを起こすと『LOVE SICK』へと流れ込む。タオルがくるくると天高く舞った『MERRY’S-GO-ROUND』で雄大な景色を作り出すと、本編ラストは『Cage』で激しく髪を舞いあがらせ締めくくった。 Tシャツに着替えたメンバーが登場したアンコールでは、ViVとファンとの心を繋ぐように『絆』を奏でるとメンバーは静かに舞台から去った。その後、会場に設置されたスクリーンへ今までViVが行ったライブ映像が映し出されると、新曲『MESSAGE』のフルMVが放映。合わせて10月の発売以降に開催されるインストア情報が発表された。さらに、主催ツアーを開催することを発表すると、ViV最大キャパシティとなる新宿ReNY単独公演を開催することを発表。。 そんな嬉しい3つの発表から迎えたダブルアンコールでは、新衣装へと装いを変えたメンバーが登場。先ほど発表されたばかりの新曲『MESSAGE』を世界最速で披露した。初披露にも関わらず、疾走するサウンドに合わせ抜群の反射神経でヘドバンを繰り出すオーディエンスの姿に、早くも楽曲が産み出すエネルギーを感じられた。 「一つ一つみんなと過ごせてる時間が凄く大切で。上手く言えないんですけど、凄くありがとうっていう気持ちがたくさんあって。みんなが迷ってることや悩んでることがあったら、毎回言ってるけれどぶつけてきたらいいんだよ。叫べばいいし、泣きたい時は泣けべいいし。自分の気持ちに素直になれる場所でいれたらなって心から思います」(HIROHIRO) そして、アルペジオからそっと差し込んだのは『BE THERE』。切なく降り注ぐサウンドに合わせ、天高く拳を叩きつけるオーディエンスの頭上へ銀テープが舞う光景は楽曲の淡さと相まってとても幻想的であった。ラストは、ヘドバン/折り畳み/ジャンプ/逆ダイとループさせると、『バレないようにkissして』で持てるエネルギー全てを解き放った。最後は、ViV恒例の挨拶「おつびぶー!!」と会場が一体となり叫ぶと笑顔のままに締めくくった。この日、感謝とともにたくさんの笑顔を与えてくれたViV。挑戦の地となる新宿ReNYに立つ彼らの姿を見る時にはさらなる強さを得ていることを期待したい。 そして、今ならこの日のライブの模様をニコニコ生放送で視聴することができる。惜しくもライブを見逃してしまった人やViVの存在が気になった人、あのライブをもう一度目にしたいという人は是非ともViVが繰り広げたライブの熱を体感してほしい。(TEXT:河内香奈子/LIVE PHOT:Mishima Fumiyasu) 【V系記事一覧はクリック!】【LIVE】ViV 1st ONE MAN TOUR FINAL「ViVLiCiOUS in TOKYO」@渋谷TSUTAYA O-WEST