GReeeeN コミックになった『愛唄』から新MV誕生!
6月24日にリリースされたアルバム『C、Dですと!?』がオリコン週間ランキング初登場2位を記録したGReeeeN。 このアルバムにも収録されている、2007年リリースの自身の代表曲『愛唄』も今年3月に公開された映画「ストロボ・エッジ」主題歌となり、10代女子を中心に、この楽曲に再び脚光が集まり、配信累計ダウンロード数は1,000万ダウンロードを突破した。 そんなGReeeeNの『愛唄』だが、このたび人気のコミック&ノベルアプリ「comico」にて『愛唄』をイメージしたマンガ作品が募集され、その大賞作品をもとに新たな『愛唄』公式ミュージックビデオが制作された。 「comico」は、1,000万ダウンロードを突破した人気無料コミック&ノベルサービス。「comico」が音楽分野でアーチストとコラボレーションする取り組みは初の展開であり、また「GReeeeN」にとっても、スマートフォンアプリ発のマンガ作品をミュージックビデオに採用するのは初の試みとなる。 232件の応募の中から、選ばれた大賞作品は「君とは幼馴染みでしたね」(作: ひじ!)。この作品が『愛唄』のミュージックビデオとして、新たな魅力を感じさせてくれる。 受賞者コメント(ひじ!さん) この度は大賞に選んでいただき誠にありがとうございます! とても嬉しく光栄な事で未だにドッキリじゃないかと震えております。ここまで諦めずに描き続けてきて本当に良かったです。これからも精進致しますのでよろしくお願い致します。ありがとうございました!! 伝わってよかった。 GReeeeNコメント 多くの方に愛唄をテーマに漫画を書いて頂き感動しました。どれも素敵な作品で、それぞれの愛唄の形があり、選ばせて頂くのが非常に難しかったです。今回は1つの作品を大賞として選ばせて頂きましたが、たくさんの素敵な感性や想い、表現力に触れさせて頂き、僕達もより良い歌を作っていくための素晴らしい刺激をもらう事が出来ました。大賞の方、おめでとうございます!描いて頂いた方、読んで頂いた方、この様な機会をありがとうございます! なお、GReeeeNは8月19日には新曲『SAKAMOTO』もリリース。こちらにも注目が集まる。