鬼龍院翔が森友嵐士ツアーに登場!一夜限りの生morioni
今年2月に鬼龍院翔とのユニット“morioni”で話題を呼んだ森友嵐士。 彼がT-BOLAN時代のアルバム『LOOZ』から実に22年振りに放った、全曲書き下ろしオリジナル・フルアルバム『PEACE ROCK』を引っ提げた全国ツアー「MORITOMO ARASHI CONCERT TOUR 2015 PEACE ROCK」の東京公演が8月9日、Zepp Tokyoで開催された。 ライブ本編では90年代を共に駆け抜けた盟友、宇徳敬子がゲストとして登場し90年代を髣髴させるアルバム収録曲『いつまでも変わらない愛をずっと』、T-BOLAN時代のヒット曲「刹那さを消せやしない」の2曲を競演し場内に大きな拍手が鳴り響いた。 アンコールではサプライズゲストとして鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)が登場。 東京では初となる生のパフォーマンスで、morioniのデビュー曲『サヨナラは歩きだす』を披露し場内を大いに沸かせた後、こちらもT-BOLAN時代のロックナンバー『SHAKE IT』を息のあった掛け合いでファンを魅了した。 8月7日福岡を皮切りにスタートした今ツアーは、森友嵐士ソロとしては初のバンド編成でのツアーとなり発声障害を乗り越えた森友がT-BOLAN時代から今作までアンコールを含め全20曲を熱唱、ロックボーカリストとして完全復活を実感させるステージを体感してみてほしい。