熱狂的スワローズファングラドル為近あんな「婦警役なのにガチで縛られた」
「ミスFLASH2015」を獲得し、熱狂的な東京ヤクルトスワローズファンとしても注目の為近あんなが、2枚目のDVD『ためちゃん』(竹書房)の発売を記念したイベントが、8日にソフマップアミューズメント館で行われた。 今作は6月に伊豆で撮影されたのだが、体調がかなり悪い状態で撮影に挑んだという。「撮影の時にすごい体調が悪かったのに、マネージャーさんが現場に来てくれませんでした。撮影中にお腹と太ももとお尻にすごい蕁麻疹が出てしまって本当に大変でした。これもマネージャーさんが来なかったからです(笑)」と振り返った。 ☆グラビアアイドルのセクシーショット満載!【クリック】 今回は初めて婦警さんに扮して、全編を通して女性警察官としてのストーリーになっているという。 「これまで色々な格好をしましたけど、初めて婦警さんの役をやりました。撮影で本物を警棒を使ったんですけど、警棒の使い方に苦戦しました。なかなか棒が伸びなかったりしました」と説明。 婦警さんという設定であるが、、なぜかベッドで両手と両足を拘束されるシーンがあるというので、そこを詳しく聞いてみると「初めての経験でした。最初は簡単に縛っているのかと思ったらガチで縛られていたのでビックリしましたよ。しかも現場に誰もいなくなって5分くらい放置されて、本当に不安になりました」と厳しい状況を語った。 東京ヤクルトスワローズの熱狂的なファンということで、最近は注目されている為近だが、ここで注目の選手を聞いてみると意外にも「西田明央選手がイチオシなんですけど、今は2軍にいるので、山田哲人選手を応援しています。結婚したいと思うのは川端慎吾選手なんですけど、奥さんも子供もいるので略奪婚するしかないですかね。私的には奥さんも子供もいるのは大丈夫なんですけどね。もし川端選手が大丈夫なら結婚したいです(笑)」といきなり川端選手にプロポーズ。このヤクルト愛はどこまで届くのか? ☆AKBじゃんけん大会組み合わせ決定 みるきーやんわりV2宣言 ※NMB48藤江れいな じゃんけん大会予選突破「2011年の2位超えたい」