AKB48台湾オーディション通過者が可愛すぎると話題に
AKB48台湾オーディションの最終審査(歌唱)が、8月6日に台湾台北市にて行われた。 42名が最終審査に参加し17名(うち最年少は11歳、最年長は21歳)が合格となりマスコミ向けのお披露目会に参加した。今回の台湾オーディションでは、魅力溢れる参加者多数のために当初予定していた人数を越える通過者を出す結果となったため、急遽合格者を対象に、台湾にてレッスンを実施し、再度、選考をすることになった。通過した候補者は、年末年始をめどに、AKB48メンバーとして日本で活動をする予定。 【秋元康AKB48グループ総合プロデューサー】 参加者ひとりひとりが、自己アピールの時に見せた屈託のない笑顔がとても素晴らしく、それが「台湾らしさ」として印象に残るすばらしいオーディションで当初想定していた人数を大きく超える17名の合格者を選ぶことになりました。 今後、台湾で一定のレッスン期間を経てから、再度、この中からメンバーを選考し、年末年始を目処に、AKB48メンバーとして加入してもらいたいと思っています。写真=(C)AKS 【AKBグループその他の記事はクリック】