瀬戸康史、荒井敦史がMC!D-BOYS舞台会場からニコ生放送
前回ニコ生で「D-LIVE 2015」の稽古場に突撃した生放送から、早くも俳優集団D-BOYSが生出演した。 今度は「D-LIVE 2015」の会場である東京・恵比寿ガーデンプレイス内のザ・ガーデンホール2階ロビーにニコ生スタジオを設置。「カーテンコールから舞台裏放送までD-LIVE2015の会場から生放送」と題し、MCに日替わりキャストの瀬戸康史、荒井敦史を迎え、舞台を終えたばかりの熱気溢れるメンバーがトークを展開した。 オフショット映像などが流れていた番組が、突然会場の出口が映し出され、昼の部を観終えた観客が帰る定点映像に、ユーザーは「シュール」と反応した。 ついには「瀬戸さんが隠れてるんじゃない?」と勘繰るコメントに、瀬戸本人が「隠れてません。コメント見てますよ」と書き込み、さらに荒井は「僕は瀬戸さんの膝の上にいます」とコメントし、ユーザーを楽しませた。 突然始まった番組に瀬戸は「急に始まるんですねニコ動。」と荒井の顔を見て、少し戸惑っている様子。荒井は全面ガラス張りのロビーから見えるマンションを指さし「マンションビューですよー!」とご機嫌だ。 そんな2人は今回初出しとなる“Dステ17th公演”「夕陽伝」(東京10月22日から、大阪11月21日から)のストーリーを特製相関図を使いながら解説した。 そんな中、昼公演を終えた妖-AYAKASHI-の天笠妖介、晒名霊示、大神カイト、河野水鬼、屋敷幽太に阿久津愼太郎が乱入。 さらに【イケメンバンド○○ず(バンド名は日替わり)】から近江陽一郎、白又敦。【どっちつかーず】から山口賢貴、前山剛久、土屋シオン、【楽器店員】の鈴木裕樹。【テブクロ】から西井幸人、根岸拓哉。【前回チャンピオン】高橋龍輝。【伝説の振付師】橋本汰斗。【プロデューサー】山田悠介。(※【】は役名。)が代わる代わる登場し、昼公演の感想や“頑張ったこと”をテーマにトークに花を咲かせた。 西井がスタジオエリア前の物販コーナーの片隅で爆睡しているところを見付けたメンバー、荒井が“寝起きドッキリ”よろしく、小声で「おはようございます。」とフレームインし、一気に襲い掛かると、小動物のように慌てふためく西井に大爆笑。その後のトークで「起きましたか!?」と問われ、「起きました!」と即答した声が裏返り、また爆笑を取ってしまった。 番組後半は、夜公演開始直後に瀬戸、荒井に加え、ニコ生初参加の志尊淳が登場。 瀬戸の出番は終わっていたが、荒井と志尊は夜公演にも出演ということで「生(放送)やってる場合じゃない!」と焦らされながらも、「でも志尊は天才だから。」と話を納めようとする2人に「天才キャラ植え付けるの止めてください!」とクレームを付けた志尊。「ニコ生で何やるかも詳しく聞かされてないんです。」と不安な表情を浮かべた。 それでも自身の主演映画「先輩と彼女」の解説では「きゅんきゅんする映画です。キスシーンあるかも?」としっかりPRした。 瀬戸が「“きゅんきゅん”する映画。ということで、志尊や荒井に“きゅんきゅん”させてもらいましょう!」と胸キュンの代名詞となった「壁ドン」「顎クイ」を瀬戸が持ったハンディカメラに向かって志尊が実演。「ぜってー後悔させないから。にー(笑顔)」の姿にユーザーから「かわいい」の弾幕が溢れた。 荒井は体操選手かと思わせるほど豪快な「床ドン」を、瀬戸はユーザーのリクエストで「袖くる」を志尊を相手に実演。皿洗いをする妻役?の志尊を後ろからねぎらいの言葉を添えて、袖を捲し上げると、今度は「きゃあああああああ」の弾幕で埋め尽くされ大いに盛り上がった。 「ニコ生の楽しさを実感した。」と感想を語った瀬戸は、プレミアム放送枠で、出番が迫り退席した志尊と荒井のあとをたった一人でこなし「みなさんのコメントだけが頼りです。ドンドンください!」と寂しさを埋めるようにユーザーの質問に矢継ぎ早に応えていった。 時折画面が大きく“引き”になると、夜景となった“マンションビュー”とガランとしたスタジオに「引きの画は止めて!」と声を上げた。 次回の俳優集団D-BOYSのニコ生が早くも決定!8月16日(日)19:00から『Dステ映画祭2015』開催記念特番としてお送りする。荒木宏文、荒井敦史、池岡亮介が生出演するのでお楽しみに。 ☆2015年8月15日(土)~9月4日(金)『Dステ映画祭2015』(於:シネクイント)詳細はこちら!【クリック】『Dステ映画祭2015』開催記念特番 ~D-BOYS 荒木宏文/荒井敦史/池岡亮介が生出演!!~