小雪「Precious」卒業で当時振り返る「27歳なのに、40代向け」
女優・小雪が創刊号から11年間レギュラーを務めた「Precious」を卒業することを発表した。 8月7日売りの最新号では、創刊号から出演し続けた通算138号分のプレイバック特集が組まれ、若かりし小雪の秘蔵ショットも公開。 創刊当時27歳だった小雪。結婚・出産を経てのプライベートまで迫ったロングインタビューも掲載。 「27歳なのに、40代向けの女性誌と聞いた時は戸惑った。」「経験が追いついていかないからしっくりこなかった」と、創刊当初の想い出を語る。 しかしながら、天性の美貌と経験値をもってして瞬く間に“Preciousのアイコン”となり、活躍しつづけた11年間だった。 「Preciousはまぎれもなく私の一部。」と、力強く語っている。 また、卒業号の撮り下ろし写真はまさに第三子出産直前。 真っ白なワンピースをまとったマタニティショットにも注目。 女優として、そして母として、この11年間を小雪自身は「本当に不思議です。創刊当時は3児の母になるとは思いもよらず(笑)。激動といえる11年間だったと思います」と振り返った。 12月にはひさびさの出演映画「杉原千畝 スギハラチウネ」(チェリン・グラック監督)の公開を控える、小雪。 3児の母となった彼女の今後の活動に、目が離せない。