DJ KOOがライブ中に自撮り?a-nationに代々木が興奮の渦
8/1(土)国立代々木競技場第一体育館にて「a-nation island “pulse-ZERO”Awake! 2015」が開催された。 7月31日より7日間にわたって様々なエンタメ・アイランドが登場する「a-nation island」が展開される中、行われた今回のLIVE「a-nation island “pulse-ZERO”Awake! 2015」は多彩なアーティスト達による、一夜限りのスペシャルライブ。珠玉のラインナップで代々木を盛り上げた。 LIVEのTOPバッターに登場したのははDream5。『ようかい体操第一』でいきなり会場の一体感を演出する。続いてGEM、東京女子流といったavexの誇る「カワイイ」がホール全体の目線をステージ釘付けにする。「カワイイ」であふれている会場とはうってかわり、登場したのはSOLIDEMO、DEEPといった本格派のボーカルイケメングループの登場に会場からは黄色い声援が鳴り響く。 そんな中、登場したのは剛力彩芽。なんと今回のステージが「2015年初めての大きなステージです!本当に緊張していますが、皆さんの暖かい声援、拍手に緊張もほぐれました。」と元気ハツラツのパフォーマンスを披露した。 新進気鋭のアーティスト達に負けじと登場したのは鈴木亜美。会場のテンションをさらにヒートアップさせる。さらにmoumoon、Do As Infinityとavexを背負うアーティスト達のパフォーマンスは圧巻。 ここで登場したthe brilliant greenは急にトークを途中で止め、「この後、私が何を言いたかったか聞きたい方はツイッターでチェックして下さい。」という何とも不思議な言動で、一気にその世界観に惹きつけ、LIVEパフォーマンスでは会場にいるオーディエンスを魅了した。 続くhitomiは久々の大きなステージに緊張しているとコメントしながらも、20年の経歴に見合う軽快なトークとパフォーマンスで会場を大いに沸かせた。 さらにhitomiのステージではDo As Infinityとのサプライズコラボ『SAMURAI DRIVE』を披露。hitomiとDAI伴のセッションにファンは歓喜した。 トリを務めたのはTRF。往年の名曲の数々に会場と一体感となり、歌い、踊り、この日最高の盛り上がりを見せた。 新進気鋭のグループからavexの中心で活躍するグループまで、ジャンルも多岐に渡る一夜限りのLIVEは大成功を収めた。LIVEの最後にDJ KOOがステージ上から自身の携帯電話で会場のファンを背に写真を撮る姿に笑いも起こったが、常に最前線に立ち、J-POPを盛り上げるパフォーマンス・パワーは計り知れない。今後のa-nationの展開に目が離せない。