NGT48の誕生で何が変わる?北原里英は指原になれるか
国内5番目のAKB48グループとして誕生するNGT48。 当初より、北原里英の完全移籍、キャプテン就任や柏木由紀の兼任発表など何かと話題を集めた。 NGT48ができることで、AKB48グループは、そしてアイドル業界はどう変化するのか? まず、NGT48の誕生で引き合いに出されるのがHKT48だ。北原の親友である指原莉乃が移籍したことでHKT48の人気は一気に加速。その人気急上昇は指原の手腕に寄るところが大きいのは関係者だけではなく、ファンも皆知っている。今回の北原のキャプテン就任にも「指原現象」を期待する声は大きい。 「苦労人である北原が結成当初からキャプテンでいることは非常に大きい。彼女は、AKB48で一二を争うほどに気が利き、メンバーだけでなくスタッフにも気配りができる。先輩後輩関係なく、北原へいろいろな相談をするメンバーは非常に多いほどの人格者です。また、彼女の所属する太田プロダクションは、大島優子、前田敦子を初め、指原莉乃や次期総監督の横山由依が所属するなど北原のバックアップ体制は十分です。長いAKB48人生の中で、彼女は酸いも甘いも様々な経験をしてきた。秋元康氏を始め、スタッフも北原へは絶対の信頼を置いています。彼女自身が「AKB48 41stシングル選抜総選挙」では11位となるなどファンの期待が非常に高まっている。その波を受け、本人にもやる気がみなぎっているのでNGT48が他のグループにないほどのスタートダッシュを切る可能性は十分に高いです。(アイドルライター/武田瑠羽)」 現在、AKB48グループではHKT48旋風が巻き起こっているが、この流れも変わるかもしれない。NGT48の最終審査に合格した、22名(うち新潟出身者12名、最年少12歳、最年長20歳)の参加者を見た関係者はこう話す。 「HKT48が出来上がった時とはまた違ったフレッシュ感がある。半分以上のメンバーが新潟出身者ということで、新潟という土地柄か色白でほんわかしたイメージが強く見えました。どちらかと言えば、乃木坂46の雰囲気に近いかもしれないです。AKB48グループとしては今までにない形のグループとなりそうだと期待が高まっている。」 今後、保護者との面談や意思確認を経て、正式にNGT48第1期生となるメンバーたち。未だ勢いの衰えることのない、アイドル業界に新たな旋風を巻き起こして欲しい。(C)AKS 【AKBグループその他の記事はクリック】AKB48楽曲ラインナップは【クリック】