「100年に1組の逸材」ばってん少女隊の実力
ももいろクローバーZ、私立恵比寿中学、チームしゃちほこ、たこやきレインボーを擁するスターダストプロモーションが満を持して送り出す新チーム「ばってん少女隊」が、Tokyo Idol Festival 2日目に登場! 彼女たちはスターダストプロ福岡営業所のレッスン生ユニット(通称:F-girls)を母体に今年6月に結成された6人組。うたい文句は“100年に1組の逸材”……どこかで耳馴染のあるフレーズだが、それほどまでに期待されているグループという表れだろう。 メンバーは希山愛(グリーン)、上田理子(レッド)、春乃きいな(イエロー)、瀬田さくら(パープル)、西垣有彩(ピンク)、星野蒼良(ブルー)の6人。6人組、しかもこの配色。偉大なる先輩の面影を感じずにはいられない。 まさに生まれたてのホヤホヤ。噂の彼女たちを見ようとSMILE GARDENにはスタダアイドルファン、初モノ好きのアイドルファンが押し寄せた。 けたたましいヘヴィロックが鳴り響くと、制服衣装に身を包んだ6人が登場。記念すべきTIF一発目は、スターダストアイドルのジュニアメンバーユニット「3B junior」の名曲『ダイビング』。爽やかなギターロックナンバーと初々しいステージングで、フレッシュな魅力を振りまいていく。耳馴染のある楽曲に、早くもファンはコブシを突き上げる。 歌い終わり、綺麗に整列する6人。「私たちスターダストプロモーション“100年に1組の逸材”、ばってん少女隊~ダーッ!!!」とばっちりと口上をキメる。ここからそれぞれが自己紹介を繰り広げる。1人1人の紹介が終わる度に大歓声が巻き起こった。 早くも2曲目でこのステージ最後となるばってん少女隊。SMILE GARDEN最後に披露するのは、9月に発売される記念すべき1stインディーズシングル『ばってん少女』!ホーンセクションがドタバタと暴れまわるアッパーなロックナンバーだ。 溌剌とした元気さが魅力な彼女たちにピッタリ。ステージ上を世話しなく走り回る振付や、合間にヘッドバンギングをかますギミックなどは先輩たちに引けをとらないほどハチャメチャで楽しい。大サビで手をばってんに振るダンスは、今後定番となっていきそうだ。 「今日会場にお越しいただいたみなさん、愛してま~す!!!」と新日本プロレスのエース棚橋弘至の名フレーズをかまし、10分という短い時間を疾風のごとくかけていった。彼女たちのこれからの活躍を期待せざるを得ないステージだった。