こぶしファクトリー TIFで意外な選曲が話題に
熱さ続くTOKYO IDOL FESTIVAL 2015。各会場が熱いライブを展開する中、2日目のHEAT GARAGEに現れたハロー!プロジェクトの新人グループ、こぶしファクトリーは間違いなくトップクラス級の盛り上がりを演出した。 軽快なギターのリフが鳴り響く。まさかのBerryz工房『愛の弾丸』のカバーで幕を開ける!普段はガムシャラ!元気!のイメージが強い彼女たちは、この楽曲では偉大なる先輩たちの大人っぽさを憑依させたかのような、セクシーなダンスで魅了していく。 軽い自己紹介でMCは終了。すぐさま、話題の新曲『ラーメン大好き小泉さんの唄』が始まる。ラーメンを食べる仕草を取り入れたシアトリカルな振付けとコミカルな歌詞が実に楽しい。ラインダンスのごとく寸分の狂いもないフォーメーションをみせていく様はさすがの一言。終わり間際のコールアンドレスポンスでは、会場にいる全員が声を張り上げた。 続くは記念すべき初オリジナル曲『念には念』。初披露時の真剣さはそのままに、日に日に凄味が増してきている印象だ。中でも浜浦彩乃のパフォーマンスはさらに磨かれ、可憐な歌姫・野村みな美の声はド迫力の一言。 ラストナンバーは、ハロプロアイドルたちによるドリームチーム、「ハロー!プロジェクト モべキマス」の名曲『かっちょ良い歌』!この選曲に場内は最大限の盛り上がりを見せる。その盛り上がりに導かれるようにこぶしメンバーたちも全力でハジけながら美しいダンスも見せる。ただ激しいだけでなく、魅せることも大切にした彼女たちの姿勢には思わず唸らざるをえない。 言葉少なくとも、パフォーマンスだけで楽しさを伝えきったこぶしファクトリー。彼女たちの内に秘めたる可能性を存分に発揮した約15分間であった。