AKB48真夏のハロウィンパーティー!108名が仮装のド迫力
「AKB48真夏の単独コンサート in さいたまスーパーアリーナ〜~川栄さんのことが好きでし た~」の1日目の公演が、8月1日(土)に、さいたまスーパーアリーナにて行われた。 ガイコツたちが会場内を彷徨う怪しげな雰囲気の中、黒いマントに.身を包んだ謎のストーリーテラーが登場し、モンスターたちによる宴の始まりを宣言。カウントダウン・ゼロでメインステージの幕が取り去られると、ハロウィンのシンボル・カボチャをモチーフにしたステージがあらわになり、AKB48単独としては約半年ぶりのコンサートが幕を開けた。 オープニング曲は、『ハロウィン・ナイト』。選抜メンバーだけでなく、本日の公演に参加する全 108名が、ハロウィンの仮装をテーマにした衣装でパフォーマンスし、幕開けから会場を盛り上げた。 続いては、AKB48の 5チームによる競演。現チーム体制では最後のコンサートということもあり、館の人形の呪いにより柏木由紀と渡辺麻友をはじめとしたチーム Bメンバー自身も人形になった『嘆きのフィギュア』など、A、K、B、4、8のそれぞれが趣向を凝らしたパフォーマンスで魅せた。 ユニットのパートでは多彩な組み合わせが登場。中でも、小嶋陽菜が率いる OPPAI選抜による『スキャンダラスに行こう』、“Dr.パル太郎”こと島崎遥香がナースの北原里英と患者の兒玉遥と注射型ハンディーキャノンを撃ちまくった「ハート型ウイルスに、一際大きな歓声が寄せられた。 中盤はハロウィンとは一転し、夏祭りに。高城亜樹が髪型をポニーテールにまとめシュシュをつけて楽曲がスタートした『ポニーテールとシュシュ』をはじめ、『Everyday、カチューシャ』『真夏の Sounds good!』『さよならクロール』と歴代の夏のヒットシングルがセットリストを彩り、続く『僕の打ち上げ花火』『一歩目音頭』では浴衣姿のメンバーが盆踊りも披露し、夏気分を盛り上げた。 終盤では、再び 108名全員がステージに集結し、ステージ狭しと会場と一体になったパフォーマンスを披露。渡辺麻友が「この会場が今年の夏の最高気温になるんじゃないかって思うくらい、みなさんアツかったです!」と語るなど、終始熱気に満ちた一足早い夏のハロウィンパーティーとなった。 本公演が AKB48としての最後コンサートとなる川栄李奈は、今の心境を聞かれた際に「緊張してますよー」と、あまりにあっけらかんと言った為、「本当に緊張してる?」と他のメンバーから総ツッコミを受ける場面も。その川栄の卒業コンサートとなる明日・2日(日)の公演は、昼・夜の 2公演が行われる。(C)AKS 【AKBグループその他の記事はクリック】AKB48楽曲ラインナップは【クリック】