GEM ハイスペックのパフォーマンスで魅せた
でんぱ組.incの狂乱のステージ後の熱冷めやらぬHOT STAGE、2番手を飾ったのはiDOL Street発の超絶パフォーマンス集団・GEM。 オープニングから激しいダンスで攻めまくる9人。スタートナンバーは『We’re GEM!』。武田舞彩と村上来渚の清涼感溢れる声を中心にしながら、ハイパフォーマンスを繰り広げる。金澤有希は「HOT STAGEにお集まりのみなさん、盛り上がってますか?私たちはHOTHOT してます!」と、今の気持ちを強く語った。 続くは9月30日発売の新曲『Baby,Love me!』をここで披露!GEMらしい、愛らしくもノンストップで繰り出される激しいダンスがみごとなポップナンバーだ。メンバーの笑顔につられてファンも笑顔に。ここから3曲連続でユニット曲へとなだれ込む。 伊山摩穂を中心にしたクールなダンスナンバー『Delightful Days』、バンギンなR&B『You You You』、アグレッシブなサウンドが魅力的な『No Girls No Fun』とアイドル色はかなり控えめな楽曲群を続けざまに披露。 彼女たちが今年に入り強く掲げている「ダンス&ボーカルスタイルの追求」をあえて、この祭りの舞台にでも臆することなく見せていく。盛り上がりを作りながら、アーティスティックさも同時にみせるというGEMらしさ全開のステージングに、場内も目に焼き付けんとばかりに身を乗り出す。 ラストは『Do You Believe?』。村上の突き抜けるような声が場内に響き渡った。MCは必要最低限。ダンスと歌だけでファンとコミュニケートしたGEM。まさに彼女たちにしかできないライブをTIFの大舞台でもしっかりと見せきった。 【クリック!】・GEM楽曲を買うならこちらから!