猛暑の中TIF メインステージはでんぱ組.incから熱狂スタート!
ついに始まった夏の祭典、Tokyo Idol Festival 2015。過去最多となる総勢154組のアイドルたちによる饗宴が2日間に渡り繰り広げられる。 メインステージとなるHOT STAGEのトップバッターを飾るのは、押しも押されぬシーンの代表格となったでんぱ組.inc。今年は1日目の幕開けと2日目のHEAT GARAGEのオオトリも飾るという、まさに、でんぱ組.incに始まりでんぱ組.incに終わるという、大役を担うことに。 ステージ開始、10分前。突如ステージに現れた6人はそのまま公開リハをスタート。いきなりの登場に場内のボルテージも頂点に。 開始直前には全エリア超満員!万全の体制の中、再び6人が登場。『でんぱれーどJAPAN』でハジマリ。うだるような熱さを、ドPOPチューンで吹き飛ばす。最上もがも勢いよく「TIF、行くよー!」と場内のテンションを高めていく。 「でんぱがTIFを盛り上げられるように」と古川未鈴の宣言後、『バリ3共和国』で勢いはさらに加速。「でんぱ組、行くぞー!!」の掛け声で続くは『Future Diver』。振り切ったBPMのナンバーが続く場内中が踊り狂う。元気印の藤咲彩音もつられたのか、いつもの5割増しでピョンピョン飛び跳ねる。 曲終わりフラフラ~とステージサイドへと、向かう夢眠ねむ。「こんなに暑くて大丈夫かなー……」とグロッキー状態のご様子。古川もつられて「こんなのだったら家に引きこもってたほうが……」とネガティヴ発言。そんな停滞した空気を成瀬瑛美が「大丈夫!TIFのみんながいるし、仲間だもん!」とリボンを振り回しながら吹き飛ばし、続く『でんでんぱっしょん』で熱を再加速させる。ノンストップでくりだされるハイテンションナンバーに負けじと、ファンもありったけの声援を送る。相沢梨紗も控えめな大ジャンプで応えた。 ラストは、でんぱ組からの激アツな労いサマーソング『おつかれサマー!』。色とりどりのタオルがピーカンの空を舞った。『2015年のTIF、楽しんでいこう!』との古川は去り際に一言。その楽しさをでんぱ組.incは自らの体を持って示した。 ・でんぱ組、超名曲揃い!