D-BOYSニコ生特番舞台稽古場から突撃生放送!
8月7日(金)~10日(月)に恵比寿ガーデンプレイスザ・ガーデンホールで開催される、人気俳優集団“D-BOYS”の舞台「D-LIVE 2015」。 ニコニコ生放送では、その舞台の稽古場に潜入。定点カメラを設置し、D-BOYSメンバーたちのリアルタイムな稽古風景を大胆にも生中継した。 7月28日(火)の18時から放送を開始、手の空いているメンバーがカメラに向かって自己紹介やファッションチェックを行い、ユーザーと交流を深めた。 そして20時からは「俳優集団D-BOYS生出演~稽古場から生中継「D-LIVE 2015」開催直前スペシャル~」と題し、メンバーが生出演と息もつかせぬ構成に「パソコンの前から離れられない!」と嬉しい悲鳴を上げるユーザーも見られた。 出演メンバーは鈴木裕樹、前山剛久、山口賢貴、土屋シオン、阿久津愼太郎、近江陽一郎、西井幸人、橋本汰斗、白又敦、高橋龍輝、山田悠介の11名が揃い、画面いっぱいに元気を振りまいた。 まずは「ほんの数分で分かった気になるD-BOYS」。正直D-BOYSをよく知らないというユーザーに分かった気になってもらおうという紹介企画。おもむろにホワイトボードが運び込まれ、進行役の鈴木が教師風にホワイトボードに力強く“D-BOYSとは”と走り書きし「読めない読めない」と総ツッコミを受ける。「2007年演劇ユニット公演「Dステ」がスタートしたが初演のタイトルは?」や「10月公演の17作目のタイトルは?」の問いには「完売御礼」「夕陽伝」と普通に正解を応えるメンバーに「こんなに丁寧に振ってるのに誰もボケない!」と鈴木の唖然とした表情に笑いが起こった。 今回8月7日から開催の舞台「D-LIVE2015」は、デビューをかけて戦う、音楽バトル演劇ということで、メンバーが個性的なバンドマンに扮し、腕前を競う設定だが、ニコ生ユーザーのため特別に、舞台本番前にワンシーンを生再現するというスペシャル企画が用意され、近江、阿久津、白又のユニットにバックダンサーが西井、山田の『夢の続き(仮)』というナンバーを披露、ユーザーの喝采を浴びた。実は番組中のBGMも公演で使用される楽曲を初解禁していた。 さらに音楽バトル劇の舞台では、楽器を手にするシーンも多いということで、「ギターは女性を抱くように弾け」の格言通り、メンバーがいかに優しくギターを扱えるかを競い合う企画が設けられた。鈴木は「ギターと女は抱くもんだろ!」と豪語し艶めかしく操れば、前山は「コイツ、チョー良いAマイナー出しますよ。」とキス顔も大サービス。一方山田がギターを抱えると「釣竿にしか見えない。」や「サンボマスター!」などイジられ爆笑を取っていた。 そんな山田は7月29日が誕生日ということでサプライズケーキが運び込まれ「やめろ、やめろ!」とダチョウ倶楽部風のフリから顔面に生クリームを喰らい、またまた爆笑を誘った。 プレミアム放送枠では、“ギターを抱く”企画で誰がナンバーワンだったかのアンケート結果が発表され、山田&高橋の“坊主&ダディ”チームが1位となり記念の“ウィニングギター”で喜びを表現した。また、本放送で特別先行公開された『夢の続き(仮)』を今度は前山、土屋、山口の3名が違うアレンジで披露した。プレミアム枠最後に「D-LIVE 2015」の稽古中オフショット映像を公開して、終始ハイテンションな番組は終了した。 「D-LIVE 2015」は恵比寿ガーデンプレイス ザ・ガーデンホールにて8月7日(金)-10日(月)全7公演。キャストは鈴木裕樹、高橋龍輝、橋本汰斗、山田悠介、山口賢貴、西井幸人、阿久津愼太郎、近江陽一郎、根岸拓哉、前山剛久、白又敦、土屋シオン、妖~AYAKASHI~【日替わりキャスト】8月7日(金) 14時公演:瀬戸康史/荒井敦史 19時公演:荒井敦史/志尊淳8月8日(土) 13時公演:三津谷亮/陳内将  18時公演:荒木宏文/柳下大8月9日(日) 13時公演:柳下大/牧田哲也  18時公演:荒木宏文/三上真史8月10日(月) 17時公演:三津谷亮/池岡亮介となっている。 チケットはローソンチケットにて好評発売中0570-084-003(Lコード:32273)、0570-000-407(オペレーター対応)http://l-tike.com(パソコン・携帯)ローソン・ミニストップ店内Loppiで直接購入いただけます。 次回は「D-LIVE 2015」8月7日の初日に生放送が決定している。 D-BOYS生出演 ~カーテンコールから舞台裏放送までD-LIVE2015の会場から生放送~