カンパイガールズ PVが1日で異例の3万アクセス!
球界初の売り子アイドルとして5/12にデビューしたマリーンズ カンパイガールズが7/28(火)、年に1度の大仕事「チケット・ビール半額デイ」で自己新記録をかけ、本拠地であるQVCマリンフィールドでビールを販売し、ビールの売り上げ杯数を発表した。 当初リーダーの今井さやかは、メンバー6人で合計2,000杯を目標としたが、結果は1,758杯だった。(今井さやか:380杯。前田美里:350杯、大宮愛香:292杯、外塚歩:261杯、朝倉なおこ:254杯、平山美紗樹:221杯)。 球団新記録の700杯を目標にしていた今井は「自分の自己最高記録が590杯だったので、なんとか自己新記録を目指しましたが届きませんでした。。。しかし、試合前に私たちのデビュー曲“カンパイ娘”をお客さんの前で初披露できましたし、そのおかげで、販売中たくさんの方に声をかけていただきました。目標としている『8月30日までに3万杯』を達成して、写真集を発売するために、明日からも全力の笑顔でビールを販売したいと思います!」と、したたる汗をぬぐいながらコメントした。 マリーンズ カンパイガールズは、「チケット・ビール半額デイ」の当日に、デビュー曲『カンパイ娘』の楽曲配信をスタートさせ、動画サイトでPV(プロモーションビデオ)を公開。1日で30,000アクセス超えという、新人では驚異的な数字をたたき出した。 『カンパイ娘』は、全国の球場で汗を流すビールの売り子さんなら、必ず経験したことがあるだろう“売り子あるある”を全面的に歌詞に盛り込んだ、宴会ソングになっているという。 明日7/30(木)の試合終了後には、QVCマリンフィールド場外のステージで、『カンパイ娘』のフルバージョンの初パフォーマンスも予定されているという。 8月も全試合ビールを販売することはもちろん、球場外でも各種のイベントやメディア露出が予定されているというマリーンズ カンパイガールズから目が離せない!