ホントに還暦!?「THE ALFEE」が大ハッスルの夏イベント開催で新記録を樹立!
昨年2014年8月にデビュー40年を迎えたTHE ALFEEが2015年の今年も夏のイベントをさいたまスーパーアリーナで開催した。 昨年8月に日本武道館で行った「デビュー40周年 スペシャルコンサート」以来の円形ステージ。今回は円形のセンターステージ、それを囲む150mの外周、外周とセンターステージを繋ぐ3本の花道。 さいたまスーパーアリーナという大きな会場にもかかわらず、約16500人のファンがすべて近くに感じるようなセットというだけでなく、還暦を迎えたTHE ALFEEのメンバー3人が東西南北を走ったり、動きまわったりとファンを驚かせた。 ライブ前半のMCでは坂崎、桜井の掛け合いからダチョウ倶楽部のネタで一人の地団太で、3人がジャンンプして会場を沸かせ、高見沢の地団太でメンバー3人と会場中が揃ってジャンプするなど、THE ALFEEならではの会場中を笑いに包む演出もあった。 今回の夏のイベントの会場となった【さいたまスーパーアリーナ】が今年15周年を迎え、この15年間でホールモード、アリーナモード(3形態)、スタジアムモード、全てのモードでコンサートを行ったのはTHE ALFEEだけということでライブの直前に【さいたまスーパーアリーナ】の社長よりトロフィーを授与されたことを高見沢が発表した。 「いろんなかたちの全モードを制覇したのは我々THE ALFEEだけ!」「そして邦楽現役バンドでここを使ったのは我々が最高齢だそうです!」と41年目の夏にまた新たに2つの記録を樹立した。 そして「長くやっていると、いろんなことがたくさんあるなと。こうやって皆さんが熱い中来てくれたのは、情熱の賜物です。ありがとうございます!!」と感謝の気持ちを伝えた。 『英雄の詩』『Neo Universe PART1』や『SWEAT&TEARS』『星空のディンスタンス』など全25曲を披露。 『星空のディスタンス』は曲の始まりをアカペラで披露し、生の声を生で届けるというTHE ALFEEらしい演出もあった。「THE ALFEEはこれからもやれるだけ、俺たちも頑張っているので、みんなも頑張ってくれ!ALFEEがついてるぞ~!!」 10月2日よりTHE ALFEEは秋のTOUR「Besst Hit Alfee Autumn 2015」が越谷市民ホールよりスタートする。 カメラマクレジット:hajime kamiiisaka