春奈るな パリで感涙!「憧れのジャンヌにやっと会えた」
2015年7月2日から7月5日にわたりフランス・パリにて開催された「Japan Expo(ジャパン・エキスポ)」。 フランス人有志により2000年からフランス・パリ郊外で開催されはじめた日本文化の総合博覧会であり、2014年には来場者が24万人を超え、今やヨーロッパ最大の日本文化とエンターテインメントの祭典になったイベントである。 TV番組「ジャパコン・ワンダーランド」(BSフジ)(月曜日24:25~24:55※毎月第1・3月曜新作)でこのイベントの模様を伝えることが決定した。 そして今回、本番組エンディングテーマ曲『SU・KI・DA・YO』を歌唱するアーティスト、春奈るなが番組のレポーターとして起用された。 クールジャパンを紹介するという番組の特性上、「三度の飯よりアニメが好き」と公言する春奈独特の目線でJAPAN EXPOをお届けしたい、というのが起用の理由だ。 「人生初のレポートでちょっとドキドキしちゃいます」と言っていた春奈だが、会場内に入った途端に大興奮。広大な敷地内に展示された様々なアニメブースを興味深々に見てまわるその姿は、まさに“日本を代表するアニヲタ”そのもの。 高校生のころからファッション雑誌『KERA』の読モとして活躍している春奈が“原宿スタイルファッション”に身を包みレポートを開始するや否や、あちこちから現地のコスプレイヤーたちが集まり出した。 「こちらのレイヤーさんたちはスゴイ。材質やフォルムが精巧で完璧なんです!」 会場以外のロケは、パリ市内にあるノートルダム寺院やエッフェル塔前、漫画カフェなどで行われたが、なかでもノートルダム寺院内にあるジャンヌダルク銅像の前に立つと涙を流す場面も。 「小学生のときにはじめてハマったアニメが『神風怪盗ジャンヌ』でパリにはずっと来たかったし、憧れのジャンヌ・ダルクにやっと会えた…なんだか感動して自然と涙がでてきちゃったんです」と語った。 他にもパリ市内の『ゴシックロリータ同好会』が主催する“お茶会“に潜入し、サプライズで自身のデビュー曲『空は高く風は歌う』とテレビアニメ『ソードアート・オンライン』のエンディング曲『Overfly』の2曲を披露すると会場は大歓声に包まれた。 この模様はBSフジ『ジャパコン・ワンダーランド』(月曜日 24:25~24:55 ※毎月第1・3月曜新作)番組内にて8月3日(月)と8月17日(月)の2週にわたってオンエアされる。 ☆春奈るな楽曲はアニメロで!☆