聖飢魔Ⅱ 地球デビュー30周年に極悪集大成教典を発布
地球デビュー30周年を記念して期間限定再集結を発表した聖飢魔Ⅱ。8月15日のライジングサン・ロックフェスティバルでいよいよ地球に姿を現す。 聖飢魔Ⅱの歴史を前期、後期2度に分けて9月17日より行われる今回の大黒ミサツアー「全席死刑ツアー」「続・全席死刑ツアー」は共に激しい争奪戦でプラチナチケットとなっている!恐るべき聖飢魔Ⅱ。 そして聖飢魔Ⅱの地球デビュー30周年再集結を記念した究極の集大成教典(ベストアルバムのようなもの)の発布(リリース)がついに決定した!! 発布されるのは、聖飢魔Ⅱ地球デビュー(85年)から解散(99年)までと、解散後に全世界21ヶ国にて英語バージョンで発布(発売)された楽曲を含む30年の全期間を網羅した極悪集大成教典『XXX -THE ULTIMATE WORST-』。CD3枚組で構成され、構成員(メンバー)自らが選曲した全46曲を収録。収録時間は収録限界ギリギリの約4時間に及ぶ。各楽曲のバージョンにも拘り、楽曲『真昼の月』は未発表バージョンが収録される。更に最新リマスタリングを施し、Blu-spec CD2にて発布。聖飢魔Ⅱの長い歴史の中で全期間を網羅した大教典(アルバム)は存在しておらず、今回のリリースはタイトル通りまさに究極の極悪集大成盤である。 ジャケットは最新の撮り下ろし写真に加え、構成員(メンバー)のイラストレーションで構成されている。ジャケット表紙には地球デビュー以降の歴代7構成員がイラストで登場。イラストは、ヤングジャンプで連載中の大人気漫画「テラフォーマーズ」の作者、貴家悠、橘賢一の二人による渾身の力作。ちなみに「テラフォーマーズ」は、コミックス発行部数累計1,200万部、2013年版「このマンガがすごい!」オトコ編で1位、「全国書店員が選んだおすすめコミック2013」で2位を獲得、2014年にテレビアニメ化され、2016年には実写映画の上映が予定されている。作家、貴家悠は熱狂的な聖飢魔Ⅱの信者(ファン)で、テラフォーマーズの単行本の帯にデーモン閣下がコメントを執筆したという経緯から、今回白羽の矢が立った。最強のイラストと最新の写真がどのような形でデザインされるのか是非とも期待して欲しい。 地球デビュー30周年を記念して期間限定再集結する聖飢魔Ⅱ、5年前の25周年では米国ダラス公演で復活し、海外公演を経て日本に襲来した。ネット環境の進化が背景となり、その高度な演奏力・歌唱力と圧倒的なパフォーマンスが日本のみならず世界中に広がり、解散後も新たな信者が増殖し続けている。地球デビュー30周年再集結で今年、日本列島を恐怖のどん底に陥れる悪魔達にどうぞご注目いただきたい。