「あの花」コラボ再び!ドラマ版のOP曲もGalileo Galileiに決定
人気バンド“Galileo Galilei”の代表曲の一つ『青い栞』が、全国フジテレビ系にて放送されるスペシャルドラマ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(以下「あの花」)のオープニング・テーマに決定した。 この『青い栞』は、フジテレビ深夜アニメ枠「ノイタミナ」にて2011年4月から6月にかけて放送され、「大人も泣けるアニメ」として社会現象ともなった同名タイトルアニメのオープニング・テーマとしても話題を集めた楽曲で、同曲のイントロを聴くだけで「あの花」の名シーンを思い出して涙してしまう…というファンが続出。 2013年8月に公開された「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の主題歌『サークルゲーム』と共に日本のアニメ史に残る最強の“号泣コラボ”として未だ根強い支持を獲得している。 実写化にあたり、“やはりオープニング・テーマは「青い栞」しかない!”というドラマ制作スタッフからのラブコールにより今回のコラボレーションが実現。 “Galileo Galilei”の尾崎雄貴(Vo.&Gu.)は「どんな風に実写化されるのかメンバー一同、とても楽しみにしています。また『青い栞』をTVで聴いてもらえるということで、嬉しいです。改めて「あの花」や僕らのことを知ってもらうきっかけになれば」とコメント。 埼玉県秩父市を舞台に、村上虹郎、浜辺美波、志尊淳、松井愛莉、飯豊まりえ、高畑裕太といった、次世代を担う大注目の俳優たちが繰り広げる新しい『あの花』に花を添える。 「青い栞」リリース以降、数々の名曲を世に発表し、最近では海外アーティストともコラボレーションするなど、洋邦の垣根を越え、同世代のカリスマ的存在として確実にバンドの水準を高めてきた“Galileo Galilei”。 最新シングル「嵐のあとで」を引っ提げ、今年の秋には全国ツアーの開催も決定している彼ら。今回のコラボレーションをきっかけにますます熱い注目を集めそうだ。 【クリック】・Galileo Galilei聞いたことないの?