FLOW 感激!ブラジルでファンからサプライズ
先日7月12日(日)にペルー・リマで行われた南米初の単独公演を大成功におさめたFLOWが、引き続きワールドツアー「FLOW WORLD TOUR 2015 極 -kiwami-」でブラジル・サンパウロ公演に臨んだ。 ペルー・リマでの単独公演では1000人を超える現地ファンが駆けつけ、南米でのバンドの人気ぶりを象徴する一夜となったが、その後もブラジル各地をまわっており、7月19日(日)には自身通算3度目のブラジルサンパウロ公演に臨んだ。 南米最大と言われるイベント「AnimdFriends2015」のメインステージヘッドライナーとして登場したFLOWは、約8000人の観客を前に堂々たるライブを披露。現在放送中のテレビ東京系アニメーション「NARUTO -ナルト-疾風伝」のエンディングテーマで8月12日に発売される新曲『虹の空』を披露すると、発売前にも関わらず、すでに地球の裏側サンパウロでも大合唱が起き、遠く離れた地ブラジルでも作品とFLOW楽曲の最強タッグの待望具合がうかがえた。 また、ライブ中にFLOWの代表曲である『GO!!!』の演奏が始まると、客席からは続々と『GO!!!』と書かれた紙が頭上に挙がり、さらにはアンコールでもカナリアカラーの風船が続々と挙がり再登場したメンバーを温かく迎え入れるなど、ブラジルのファンによるメンバーへのサプライズもおこなわれた。これにはFLOWメンバーも感無量。彼らにとって第二の故郷とも呼べそうだ。 なお、『虹の空』ミュージックビデオが日本での先行視聴に続き、VEVO(海外からのみ閲覧可能)にて世界公開スタート。早くも世界中のファンから反響を呼んでいる。